Skip to main content

依存関係グラフを設定する

依存関係グラフを有効にすることで、ユーザーはプロジェクトの依存関係を識別できます。

依存関係グラフについて

依存関係グラフは、リポジトリに格納されているマニフェストおよびロック ファイル、および 依存関係送信 API (ベータ) を使用してリポジトリに送信された依存関係の概要です。 それぞれのリポジトリについて、以下が表示されます:依存関係、すなわちリポジトリが依存するエコシステムとパッケージ。

GitHub Enterprise Server を使っても、依存関係に関する情報、リポジトリに依存するリポジトリとパッケージは計算されません。

詳しくは、「依存関係グラフについて」を参照してください。

依存関係グラフを有効にする

依存関係グラフがシステムで使用できない場合は、Enterprise 所有者が依存関係グラフを有効にすることができます。 詳しくは、「企業の依存関係グラフの有効化」を参照してください。

依存関係グラフを初めて有効化すると、サポートされているエコシステムのマニフェストおよびロックファイルがすぐに解析されます。 グラフは通常数分以内に入力されますが、多くの依存関係を持つリポジトリの場合は時間がかかる場合があります。 有効にすると、リポジトリにプッシュするたびに、グラフが自動的に更新されます。

さらに、依存関係送信 API (ベータ版) を使用して、マニフェストやロック ファイルの分析で依存関係グラフがサポートされていないエコシステムであっても、任意のパッケージ マネージャーやエコシステムから依存関係を送信することができます。 依存関係グラフには、送信された依存関係がエコシステム別にグループ化されて表示されますが、マニフェストまたはロック ファイルから解析された依存関係とは別に表示されます。 依存関係送信 API の詳細については、「Dependency Submission API を使用する」を参照してください。

参考資料