プライベートコントリビューションをプロフィールで公開または非公開にする

GitHub Enterprise Server プロフィールには、過去 1 年間のリポジトリコントリビューションのグラフが表示されます。 You can choose to show anonymized activity from private and internal repositories in addition to the activity from public repositories.

プライベートコントリビューションを公開しても、あなたが作業しているプライベートリポジトリへのアクセス権がないユーザーがあなたのプライベートコントリビューションを見ることはできません。 かわりに、特定の日におけるプライベートコントリビューションの数だけを見ることができます。 パブリックコントリビューションには、詳細な情報が含まれます。 詳細は、「プロフィールページ上にコントリビューションを表示する」を参照してください。

プライベートコントリビューションの可視性を変更する

デフォルトでは、訪問者にはあなたのプロフィールのパブリックコントリビューションしか表示されません。

  1. GitHub Enterprise Serverの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてYour profile(あなたのプロフィール)をクリックしてください。 Profile photo
  2. プライベートコントリビューションをプロフィールで公開または非公開にする
    • プライベートコントリビューションを公開するには、コントリビューショングラフの上で、[Contribution settings] ドロップダウンメニューから [Private contributions] を選択します。 訪問者には、プライベートコントリビューションの数だけが表示され、それ以上の詳細は表示されません。 [Contribution settings] メニューで、訪問者がプライベートコントリビューションを見られるようにする
    • プライベートコントリビューションを非公開にするには、コントリビューショングラフの上で、[Contribution settings] ドロップダウンメニューを使用し、[Private contributions] の選択を解除します。訪問者には、パブリックコントリビューションのみが表示されるようになります。 [Contribution settings] メニューで、訪問者がプライベートコントリビューションを見られるようにする

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡