ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

リモートリポジトリについて

GitHub's collaborative approach to development depends on publishing commits from your local repository to GitHub Enterprise Server for other people to view, fetch, and update.

ここには以下の内容があります:

リモートリポジトリについて

リモート URL は、「コードがここに保存されています」ということを表現する Git のしゃれた方法です。 That URL could be your repository on GitHub, or another user's fork, or even on a completely different server.

プッシュできるのは、2 種類の URL アドレスに対してのみです。

  • https://[hostname]/user/repo.git のような HTTPS URL
  • git@[hostname]:user/repo.git のような SSH URL

Git はリモート URL に名前を関連付けます。デフォルトのリモートは通常 origin と呼ばれます。

Creating remote repositories

git remote add コマンドを使用してリモート URL に名前を関連付けることができます。 たとえば、コマンドラインに以下のように入力できます:

git remote add origin  <REMOTE_URL> 

これで origin という名前が REMOTE_URL に関連付けられます。

git remote set-url を使えば、リモートの URL を変更できます。

Choosing a URL for your remote repository

GitHub Enterprise Serverのインスタンス で使用できるリポジトリを複製する方法は複数あります。

アカウントにサインインしているときにリポジトリを表示すると、プロジェクトを自分のコンピュータに複製するために使用できるURLがリポジトリの詳細の下に表示されます.

For information on setting or changing your remote URL, see "Managing remote repositories."

HTTPS URL を使ってクローンを作成する

https:// は、可視性に関係なく、すべてのリポジトリで使用できます。 https:// のクローン URL は、ファイアウォールまたはプロキシの内側にいる場合でも機能します。

コマンドラインで、HTTPS URL を使用してリモートリポジトリに git clonegit fetchgit pull または git push を行った場合、GitHub Enterprise Server のユーザ名とパスワードの入力を求められます。 Gitがパスワードを求めてきたときは、代わりに個人アクセストークン(PAT)を入力してください。パスワードベースのGitの認証は非推奨であり、PATを利用する方がセキュアです。詳しい情報については「個人アクセストークンの作成」を参照してください。

ヒント:

SSH URL を使ってクローンする

SSH URL は、SSH (安全なプロトコル) を介した Git リポジトリへのアクセスを提供します。 これらの URL を使用するには、コンピュータで SSH キーペアを生成し、公開鍵を GitHub Enterprise Server アカウントに追加する必要があります。 詳しい情報については「GitHub に SSH で接続する」を参照してください。

SSH URL を使用して、git clonegit fetchgit pull または git push をリモートリポジトリに実行すると、パスワードの入力を求められ、SSH キーパスフレーズを入力する必要があります。 詳しい情報についてはSSH キーのパスフレーズを使うを参照してください。

ヒント: SSH URL は、お使いのコンピュータにリポジトリを作成する際にも、または本番サーバーにコードをデプロイする安全な方法としても使用できます。 デプロイスクリプトで SSH エージェント転送を使用して、サーバー上のキーの管理を回避することもできます。 詳細は「SSH エージェント転送を使用する」を参照してください。

GitHub CLI を使ってクローンを作成する

GitHub CLI をインストールして、ターミナルで GitHub Enterprise Server ワークフローを使用することもできます。 詳しい情報については、GitHub CLI のドキュメントを参照してください。

Subversion を使って複製する

Subversion クライアントを使用して、GitHub のリポジトリにアクセスすることもできます。 Subversion と Git では、提供する機能群に違いがあります。 詳しい情報については、「Subversion と Git の違い」を参照してください。

Subversion クライアントから GitHub のリポジトリにアクセスすることもできます。 詳細は、「Subversion クライアントのサポート」を参照してください。

このドキュメントは役立ちましたか? プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問する サポートへの連絡