ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-02-16. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

パッケージを公開する

GitHub Packagesにパッケージを公開し、そのパッケージを他者がダウンロードして再利用できるようにすることができます。

Anyone with write permissions for a repository can publish a package to that repository.

GitHub PackagesはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server、GitHub AEで利用できます。

公開されたパッケージについて

パッケージページ上のインストール及び利用方法の説明といった、説明やその他の詳細を提供することによって、パッケージを理解して利用しやすくできます。 GitHub Enterprise Server は各バージョンについて、公開日、ダウンロードのアクティビティ、最近のバージョンなどのメタデータを提供します。 パッケージページの例としては、@Codertocat/hello-world-npmを参照してください。

You can publish packages in a public repository (public packages) to share with everyone on your enterprise, or in a private repository (private packages) to share with collaborators or an organization. リポジトリは複数のパッケージに接続できます。 混乱を避けるため、READMEと説明で各パッケージに関する情報を明確に提供してください。

パッケージを公開する

You can publish a package to GitHub Packages using any package type enabled for your instance by following the same general guidelines.

  1. 実行したいタスクに対して適切なスコープを持つ既存のアクセストークンを作成もしくは利用してください。 詳しい情報については「GitHub Packagesの権限について」を参照してください。
  2. 使用するパッケージクライアントについての指示に従って、アクセストークンを使ってGitHub Packagesの認証をしてください。
  3. 使用するパッケージクライアントに関する指示に従って、パッケージを公開してください。

使用するパッケージクライアント固有の指示については「GitHub Packagesレジストリの利用」を参照してください。

パッケージを公開した後は、GitHub上でそのパッケージを見ることができます。 詳しい情報については「パッケージの表示」を参照してください。

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?