ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

パッケージを公開する

GitHub Packagesにパッケージを公開し、そのパッケージを他者がダウンロードして再利用できるようにすることができます。

Anyone with write permissions for a repository can publish a package to that repository.

GitHub PackagesはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server 2.22、GitHub One、GitHub AEで利用できます。

ここには以下の内容があります:

公開されたパッケージについて

パッケージページ上のインストール及び利用方法の説明といった、説明やその他の詳細を提供することによって、パッケージを理解して利用しやすくできます。 GitHub Enterprise Server は各バージョンについて、公開日、ダウンロードのアクティビティ、最近のバージョンなどのメタデータを提供します。 パッケージページの例としては、@Codertocat/hello-world-npmを参照してください。

You can publish packages in a public repository (public packages) to share with everyone on your enterprise, or in a private repository (private packages) to share with collaborators or an organization. リポジトリには複数のパッケージを含めることができます。 混乱を避けるため、READMEと説明で各パッケージに関する情報を明確に提供してください。

パッケージを公開する

以下の同じ一般的なガイドラインに従って、インスタンスで有効化しているパッケージのタイプを使い、GitHub Packages にパッケージを公開できます。

  1. 実行したいタスクに対して適切なスコープを持つ既存のアクセストークンを作成もしくは利用してください。 詳しい情報については「GitHub Packagesについて」を参照してください。
  2. 使用するパッケージクライアントについての指示に従って、アクセストークンを使ってGitHub Packagesの認証をしてください。
  3. 使用するパッケージクライアントに関する指示に従って、パッケージを公開してください。

使用するパッケージクライアントに特有の指示については、「プロジェクトのエコシステムでのGitHub Packagesの利用」を参照してください。

パッケージを公開した後は、GitHub上でそのパッケージを見ることができます。 詳しい情報については「パッケージの表示」を参照してください。

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.