このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2021-09-23. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

Checks APIを使ってみる

Check Runs APIを使うと、リポジトリのコード変更に対して強力なチェックを実行するGitHub Appを構築できます。 継続的インテグレーション、コードの構文チェック、コードのスキャンサービスを実行し、コミットについて詳細なフィードバックを行うアプリを作成できます。

概要

GitHub Appは、単に合格/不合格の二択ではない、情報量の多いビルドステータスを報告し、コードの行について詳細な情報が付いたアノテーションをつけ、テストを再実行することができます。 Checks APIの機能は、GitHub Appのみで利用できます。

GitHub AppでChecks APIを利用する方法については、「Checks APIでCIテストを作成するを参照してください。

チェックスイートについて

誰かがリポジトリにコードをプッシュすると、その直近のコミットについてGitHubはチェックスイートを作成します。 チェックスイートとは、特定のコミットに対して一つのGitHub Appにより作成されたチェック実行の集合のことです。 チェックスイートは、スイートに含まれるチェックを実行し、ステータスとチェック結果をまとめます。

チェックスイートのワークフロー

チェックスイートは、チェックスイートのconclusionにおいて、実行したチェックの中で最も優先度が高いconclusionを報告します。 たとえば、3つのチェックを実行した際にtimed_outsuccessneutralの結果が出た場合、チェックスイートの結果はtimed_outとなります。

デフォルトでは、GitHubはリポジトリにコードがプッシュされると自動的にチェックスイートを作成します。 デフォルトのフローでは、checks:write権限を持つすべてのGitHub Appに、check_suiteイベントが (requested アクションと共に) 送信されます。 GitHub Appがcheck_suiteイベントを受信すると、直近のコミットに対する新たなチェック実行を作成できます。 GitHubは、チェック実行のリポジトリおよびSHAに基づき、正しいチェックスイートに新しいチェック実行を自動的に追加します。

デフォルトの自動的なフローを使いたくない場合は、チェックスイートをいつ作成するかをコントロールできます。 チェックスイートの作成についてのデフォルト設定を変更するには、チェックスイートのためのリポジトリプリファレンスの更新エンドポイントを使用します。 自動フロー設定に対するすべての変更は、リポジトリのAudit logに記録されます。 自動フローを無効化した場合、チェックスイートの作成エンドポイントを使ってチェックスイートを作成できます。 コミットにフィードバックを行うには、チェック実行の作成エンドポイントの使用を継続すべきです。

Checks APIのための書き込み権限は、GitHub Appsだけが利用できます。 OAuth App及び認証されたユーザは、チェック実行とチェックスイートを見ることができますが、作成することはできません。 GitHub Appを構築しているのでないなら、ステータスAPIに興味を引かれるかもしれません。

チェックスイートAPIを使用するには、GitHub Appはchecks:write権限が必要であり、またcheck_suite webhookにサブスクライブすることもできます。

GitHub Appとして認証を受ける方法については「GitHub Appのための認証オプション」を参照してください。

チェックの実行について

チェックの実行は、個別のテストであり、チェックスイートの一機能です。 各実行にステータスと結果が含まれます。

チェック実行のワークフロー

チェック実行が15日以上にわたり不完全な状態である場合は、チェック実行のconclusionstaleになり、に状態が GitHubにでstaleと表示されます。 GitHubのみが、チェック実行をstaleとしてマークできます。 チェック実行で出る可能性がある結果についての詳細は、 conclusionパラメータを参照してください。

check_suite webhookを受け取ったら、チェックが完了していなくてもすぐにチェック実行を作成できます。 チェック実行のstatusは、queuedin_progress、またはcompletedの値で更新でき、より詳細を明らかにしてoutputを更新できます。 チェック実行にはタイムスタンプ、詳細情報が記載された外部サイトへのリンク、コードの特定の行に対するアノテーション、および実行した分析についての情報を含めることができます。

チェック実行のアノテーション

チェック実行は、GitHub UIで手動で再実行することも可能です。 詳細は「ステータスチェックについて」を参照してください。 この場合、チェック実行を作成したGitHub Appは、新たなチェック実行を要求するcheck_run webhookを受け取ります。 チェックスイートを作成せずにチェック実行を作成した場合、GitHubは自動的にチェックスイートを作成します。

Checks APIのための書き込み権限は、GitHub Appsだけが利用できます。 OAuth App及び認証されたユーザは、チェック実行とチェックスイートを見ることができますが、作成することはできません。 GitHub Appを構築しているのでないなら、ステータスAPIに興味を引かれるかもしれません。

Check Runs APIを使用するには、GitHub Appはchecks:write権限が必要であり、またcheck_run webhookにサブスクライブすることもできます。

チェック実行とリクエストされたアクション

チェック実行をリクエストされたアクション (GitHub Actionsと混同しないこと) で設定すると、 GitHubのプルリクエストビューでボタンを表示でき、そのボタンでGitHub Appに追加のタスクを実行するようリクエストできるます。

たとえば、コードの構文チェックを行うアプリケーションは、リクエストされたアクションを使って、検出した構文エラーを自動的に修正するボタンをプルリクエストに表示できます。

アプリケーションに追加のアクションをリクエストできるボタンを作成するには、チェック実行を作成する際にactions オブジェクトを使用します。 たとえば、以下のactionsオブジェクトは、プルリクエストに「Fix this」というラベルのついたボタンを表示します。 このボタンは、チェック実行が完了した後に表示されます。

"actions": [{
   "label": "Fix this",
   "description": "Let us fix that for you",
   "identifier": "fix_errors"
 }]

チェック実行のリクエストされたアクションのボタン

ユーザがボタンをクリックすると、GitHubはcheck_run.requested_action webhookをアプリケーションに送信します。 アプリケーションがcheck_run.requested_action webhookイベントを受信すると、webhookペイロードからrequested_action.identifierキーを探し、どのボタンがクリックされたかを判断してリクエストされたタスクを実行することができます。

Checks APIで必要なアクションを設定する方法の詳しい例については、「Checks APIでCIテストを作成する」を参照してください。

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡