Skip to main content

GitHub の支払いについて

請求は、アカウントのプランや使用量ベースの請求など、サブスクリプションの料金の組み合わせです。

Important

2024 年 8 月 19 日以降、GitHub は、業界標準の規制プラクティスに合わせて、米国の購買客を対象に州が義務付ける消費税の収集を開始します (該当する場合)。 米国のすべての顧客は、正しい消費税額が決定されるように、支払い情報 (具体的には住所) を更新する必要があります。 購買客の場合は、購入した GitHub の製品とサービスに適用される税金の内訳を示す税金明細行が領収書に記載されます。

正しい消費税を計算するには、課金情報のすべての必須住所フィールドに入力する必要があります。課金情報の更新の詳細については、「支払い方法を追加または編集する」を参照してください。

売上税の免除を受ける場合は、売上税の免除証明書をアカウントにアップロードする必要があります。 「売上税証明書の追加」をご覧ください。

GitHub の請求について

GitHub は、アカウントごとに個別に請求されます。 つまり、個人用アカウントと、所有している組織またはエンタープライズ アカウントごとに、個別の請求を受け取ります。 アカウントの種類の詳細については、「GitHub アカウントの種類」を参照してください。

コンテキスト スイッチャーを使って、アカウントごとに請求の設定を切り替えることができます。 詳細については、「様々なアカウントの設定の切り替え」を参照してください。

各アカウントの請求は、サブスクリプションと使用量ベースの請求の組み合わせです。 サブスクリプションには、GitHub Pro や GitHub Team などのアカウントのプランのほか、GitHub Copilot や GitHub Marketplace のアプリなど、一定の月額料金の有料製品が含まれます。

使用量ベースの請求は、有料製品の料金がその製品の使用量によって異なる場合に適用されます。 たとえば、GitHub Actions の料金は、ジョブの実行に費やした分数と、成果物で使われるストレージの量によって異なります。

プランには、使用量ベースの製品について含まれる量が付属している場合があります。 たとえば、GitHub Pro の場合、個人用アカウントは GitHub Actions の 3,000 分の使用量を毎月無料で受け取ります。 使用制限を設定することで、含まれる量を超える使用量を制御できます。

プラン別の含まれる量

製品 使用方法 GitHub Free GitHub Pro 組織の GitHub Free GitHub Team GitHub Enterprise Cloud
GitHub Actions ストレージ 500 MB 1 GB 500 MB 2 GB 50 GB
分 (月あたり) 2,000 3,000 2,000 3,000 50,000
GitHub Codespaces ストレージ (1 か月あたり) 15 GB 20 GB なし なし なし
コア時間 (1 か月あたり) 120 180 なし なし なし
GitHub Packages ストレージ 500 MB 2 GB 500 MB 2 GB 50 GB
データ転送 (月あたり) 1 GB 10 GB 1 GB 10 GB 100 GB
Git Large File Storage ストレージ (1 か月あたり) 1 GB 1 GB 1 GB 1 GB 1 GB
帯域幅 (1 か月あたり) 1 GB 1 GB 1 GB 1 GB 1 GB

支払い設定を管理する

支払い設定、支払い方法、有料の機能と製品は、アカウントごとに個別に管理しなければなりません。 アカウントごとに、支払いを月次にするか年次にするかを選択できます。 アカウントに関連付けられているすべてのサブスクリプションと使用量ベースの請求では、請求日、支払い方法、領収書が共有されます。

GitHub Enterprise Cloud の支払いはクレジットカードもしくは PayPal のアカウントで行えます。 アカウントのプランの支払い方法を更新すると、他のサブスクリプションと使用量ベースの課金に新しい支払い方法が自動的に追加されます。

該当する使用量ベースのサービスでは、GitHub アカウントまたは Azure サブスクリプションからサービスの料金を支払うことを選べます。 選んだ課金方法の条件は、この方法で課金されるサービスに適用されます。

詳しくは、「GitHub の支払い設定を管理する」を参照してください。

異なるアカウントの設定の切り替え

組織あるいはエンタープライズのオーナーは、設定のコンテキストスイッチャーを使って様々なアカウントの設定を切り替えることができます。

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    Screenshot of a user's account menu on GitHub. The menu item "Settings" is outlined in dark orange.

  2. ページ上部のユーザー名の右側にある [設定コンテキストの切り替え] をクリックします。

    Octocat の [パブリック プロファイル] 設定ページのスクリーンショット。 [個人用プロファイル] というテキストの横にある [設定コンテキストの切り替え] というリンクがオレンジ色の枠線で囲まれています。

  3. 切り替えたいアカウントの名前を入力し始め、そのアカウントの名前をクリックしてください。

  4. 左サイドバーで、 [ 課金とプラン] をクリックします。