Skip to main content

GitHub プランをダウングレードする

GitHub.com のいずれの種類のアカウントでも、いつでもサブスクリプションをダウングレードできます。

GitHub Enterprise Cloudプランのダウングレード

個人アカウントまたは Organization のサブスクリプションをダウングレードした場合、価格とアカウント機能の変更は次の請求日から反映されます。 有料の個人アカウントまたは Organization サブスクリプションを変更しても、他の有料 GitHub 機能のサブスクリプションや支払いには影響しません。 詳細については、「How does upgrading or downgrading affect the billing process? (アップグレードまたはダウングレードは課金プロセスにどのように影響しますか?)」を参照してください。

個人アカウントのサブスクリプションをダウングレードする

個人アカウントを GitHub Pro から GitHub Free にダウンロードする場合、そのアカウントは、非公開リポジトリの高度なコード レビュー ツールへのアクセスを失います。 詳細については、「GitHub's products」を参照してください。

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン 1. サイドバーの [アクセス] セクションで、 [ Billing and plans](課金とプラン) をクリックします。

  2. [現在のプラン] の [編集] ドロップダウンを使用して、 [無料にダウングレード] をクリックします。 [無料にダウングレード] ボタン

  3. 次回の請求日に、ご自分の個人アカウントでアクセスできなくなる機能に関する情報を読み、 [わかりました。ダウングレードを続けます] をクリックします。 [ダウングレードを続ける] ボタン

プライベートリポジトリに GitHub Pages サイトを公開し、カスタムドメインを追加した場合、ドメイン乗っ取りのリスクを回避するため、GitHub Pro から GitHub Free にダウングレードする前に DNS レコードを削除または更新します。 詳細については、「GitHub Pages サイトのカスタム ドメインを管理する」を参照してください。

Organizationのプランをダウングレードする

"所有者" または "支払いマネージャー" のロールを持つ組織のメンバーのみが、組織の支払い設定に対してアクセスしたり、変更を加えたりすることができます。

OrganizationをGitHub TeamからGitHub Freeにダウングレードした場合、そのアカウントはチームの高度なコラボレーションおよび管理ツールにはアクセスできなくなります。

OrganizationをGitHub Enterprise CloudからGitHub TeamまたはGitHub Freeにダウングレードした場合、そのアカウントは高度なセキュリティ、コンプライアンス、およびデプロイメントコントロールにアクセスできなくなります。 詳細については、「GitHub's products」を参照してください。

注:

  • 組織がエンタープライズ アカウントによって所有されている場合、課金を組織レベルで管理することはできません。 ダウングレードするには、まずエンタープライズ アカウントから組織を削除する必要があります。 詳しくは、「エンタープライズから組織を削除する」を参照してください。
  • 現在 GitHub Enterprise Cloud の試用版を使っていて、試用版の終了前に GitHub Enterprise を購入されない場合は、ご自分の組織は自動的に GitHub Free または GitHub Team にダウングレードされます。 詳細については、「GitHub Enterprise Cloud の試用版を設定する」を参照してください。
  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. サイドバーの [アクセス] セクションで、 [ Organizations] をクリックします。

  3. 組織の隣の [設定] をクリックします。 [設定] ボタン

  4. Organization の所有者の場合は、サイドバーの [アクセス] セクションで、 [ 課金とプラン] をクリックします。

  5. [現在のプラン] の下で、 [編集] ドロップダウンから必要なダウングレード オプションをクリックします。 [ダウングレード] ボタン 7. 次回の請求日に Organization がアクセスできなくなる機能に関する情報を読み、 [わかりました。Organization をダウングレードします] をクリックします。 ダウングレード ボタン

従来のリポジトリ単位の支払いを使用しているOrganizationのプランをダウングレードする

"所有者" または "支払いマネージャー" のロールを持つ組織のメンバーのみが、組織の支払い設定に対してアクセスしたり、変更を加えたりすることができます。

Organization が従来のリポジトリごとの支払いプランを使用している場合は、いつでもユーザごとの価格付けに切り替えることができます。 ユーザごとの価格付けにアップグレードすると、リポジトリの価格付けに戻すことはできません。 詳しくは、「Organization をリポジトリごとからユーザーごとに切り替える」をご覧ください。

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. サイドバーの [アクセス] セクションで、 [ Organizations] をクリックします。

  3. 組織の隣の [設定] をクリックします。 [設定] ボタン

  4. Organization の所有者の場合は、サイドバーの [アクセス] セクションで、 [ 課金とプラン] をクリックします。

  5. [サブスクリプション] の [編集] ドロップダウンから [プランの編集] をクリックします。 [プランの編集] ドロップダウン

  6. [請求/プラン] で、変更するプランの横にある [ダウングレード] をクリックします。 ダウングレード ボタン

  7. アカウントをダウングレードする理由を入力し、 [プランのダウングレード] をクリックします。 ダウングレードの理由を入力するテキストボックスと [Downgrade] ボタン

Organization から有料シートを削除する

Organization が使用する有料シート数を減らすには、Organization からメンバーを削除するか、メンバーを外部コラボレーターに変更してアクセス権をパブリックリポジトリに限定する方法があります。 詳細については、次を参照してください。

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. サイドバーの [アクセス] セクションで、 [ Organizations] をクリックします。

  3. 組織の隣の [設定] をクリックします。 [設定] ボタン

  4. Organization の所有者の場合は、サイドバーの [アクセス] セクションで、 [ 課金とプラン] をクリックします。

  5. [現在のプラン] の [編集] ドロップダウンを使用して、 [シートの削除] をクリックします。 [シートの削除] ドロップダウン

  6. [Remove seats] の下でダウングレードするシート数を選択します。 [シートの削除] オプション

  7. 次回請求日に新しい支払いに関する情報を確認し、 [シートの削除] をクリックします。 [シートの削除] ボタン

参考資料