Skip to main content

GitHub スポンサーの支払いについて

スポンサーとなっている、他の有料の製品および機能について請求されます。

スポンサー付き開発者プロファイルまたはスポンサー付き組織プロファイルがある対象者は、自分の個人用アカウントや組織に代わってスポンサーになれます。 スポンサードアカウントが設定した1回あるいは月次の支払い額やメリットを持つ複数のスポンサーシップ層から選択することができます。 スポンサーシップは、既存の請求日、支払い方法、領収書を共有します。

GitHub Sponsors は個人アカウントからスポンサーシップの費用を請求しないので、これらのスポンサーシップの 100% がスポンサー付きの開発者あるいは組織に渡ります。 ベータの期間中、このOrganizationからのスポンサーシップの10%は免除されます。

To view all the subscriptions for your account on GitHub.com, see "Viewing your subscriptions and billing date."

支払い設定と有料の機能は、アカウントごとに個別に管理しなければなりません。 個人アカウント、Organizationアカウント、Enterpriseアカウントの設定は、各設定ページのコンテキストスイッチャを使って切り替えできます。 詳細については、「様々なアカウントの設定の切り替え」を参照してください。

参考資料