Skip to main content
ドキュメントへの更新が頻繁に発行されており、このページの翻訳はまだ行われている場合があります。 最新の情報については、「英語のドキュメント」を参照してください。

GitHub Codespaces の使用状況の表示

GitHub Codespaces によって使用されるコンピューティング時間とストレージを見ることができます。

個人アカウントの GitHub Codespaces の使用状況を表示する

現在の月単位の請求期間でこれまでに使用した個人アカウントに含まれている使用状況を確認できます。 支払い方法を設定し、使用制限を設定し、含まれているすべての使用量を使用している場合は、当月の請求書を確認することもできます。

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン 1. サイドバーの [アクセス] セクションで、 [ Billing and plans](課金とプラン) をクリックします。

  2. [Codespaces] で、現在の請求月にこれまでに使用した GitHub Codespaces コンピューティング使用量と GB 月のストレージのコア時間を確認できます。

    個人の使用状況の初期ビューのスクリーンショット

    "コア時間" と "GB 月" の詳細については、「GitHub Codespaces の課金について」をご覧ください。

  3. 必要に応じて、 [使用時間][ストレージ] をクリックして詳細を表示します。

    個人の使用状況の展開されたビューのスクリーンショット

    [含まれる] 列には、今月これまでに使用したコンピューティング使用量のコア時間数、またはストレージの GB 月、アカウントに含まれる無料使用量が表示されます。 [有料] 列には、使用した使用量の請求済みのコア時間、またはストレージの GB 月が表示されます。 図は 1 時間ごとに 1 回更新されます。

    上のスクリーンショットでは、月に含まれるストレージのクォータ全体が使用されています。 含まれているコンピューティング使用量またはストレージのいずれかをすべて使用した場合 (どちらか早く到達した方)、現在の請求月中に GitHub Codespaces を引き続き使用するには、支払い方法と使用制限を設定する必要があります。 詳細については、「支払い方法の追加または編集」および「GitHub Codespaces の使用制限の管理」を参照してください。

    許可された使用をさらに活用するためのヒントについては、「含まれる使用を最大限に活用する」を参照してください。

  4. または、[今月の利用状況] の横にある [利用レポートの取得] をクリックして、GitHub Actions、GitHub Packages、GitHub Codespaces のストレージ利用状況の CSV レポートをダウンロードするためのリンクを含むメールを受け取ることもできます。 メールはアカウントのプライマリ メール アドレスに送信されます。 レポートで過去 7 日間、30 日間、90 日間、または 180 日間のどれを対象にするかを選択できます。

    CSV レポートのダウンロード

    このレポートで使用されるデータは毎日更新されます。

    GitHub Codespaces コンピューティングの使用量とストレージのコストを確認するには、レポートをフィルター処理して、Product 列に "Codespaces" が示される行のみを表示します。

    Codespaces でフィルター処理された使用状況レポートのスクリーンショット

    プレビルドの作成、更新、および格納のコストのみを表示するには、レポートをフィルター処理して、Actions Workflow 列に "Codespaces プレビルドの作成" が示される行のみを表示します。

    プレビルド用にフィルター処理された使用状況レポートのスクリーンショット

組織アカウントの GitHub Codespaces の使用状況を表示する

組織については、組織所有者と支払いマネージャーが GitHub Codespaces の使用状況を表示できます。

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. サイドバーの [アクセス] セクションで、 [ Organizations] をクリックします。

  3. 組織の隣の [設定] をクリックします。 [設定] ボタン

  4. Organization の所有者の場合は、サイドバーの [アクセス] セクションで、 [ 課金とプラン] をクリックします。

  5. [Codespaces] で、今月これまでに使用されたコンピューティング時間とストレージについて詳しく説明します。

    コンピューティング使用量とストレージの詳細のスクリーンショット

    現在の使用制限を確認して更新することもできます。 詳しくは、「GitHub Codespaces の利用上限の管理」をご覧ください。

    :

    • ここで示されるコストは、現在の月単位の請求期間内の累積コストです。 このページに表示される GitHub Codespaces の測定されたコストは、各月次請求期間の開始時にゼロにリセットされます。 前月の未払いコストは表示されません。
    • このページの図は 1 時間ごとに更新されます。
  6. または、[今月の利用状況] の横にある [利用レポートの取得] をクリックして、GitHub Actions、GitHub Packages、GitHub Codespaces のストレージ利用状況の CSV レポートをダウンロードするためのリンクを含むメールを受け取ることもできます。 メールはアカウントのプライマリ メール アドレスに送信されます。 レポートで過去 7 日間、30 日間、90 日間、または 180 日間のどれを対象にするかを選択できます。

    CSV レポートのダウンロード

    このレポートで使用されるデータは毎日更新されます。

    GitHub Codespaces コンピューティングの使用量とストレージのコストを確認するには、レポートをフィルター処理して、Product 列に "Codespaces" が示される行のみを表示します。

    Codespaces でフィルター処理された使用状況レポートのスクリーンショット

    プレビルドの作成、更新、および格納のコストのみを表示するには、レポートをフィルター処理して、Actions Workflow 列に "Codespaces プレビルドの作成" が示される行のみを表示します。

    プレビルド用にフィルター処理された使用状況レポートのスクリーンショット

エンタープライズ アカウントの Codespaces の使用状況を表示する

Enterprise アカウントについては、Enterprise 所有者と課金マネージャーが GitHub Codespaces の使用状況を確認できます。

  1. GitHub.com の右上の自分のプロファイル写真をクリックし、 [自分の Enterprise] をクリックします。 GitHub Enterprise Cloud のプロファイル写真のドロップダウン メニューの [自分の Enterprise]

  2. Enterpriseのリストで、表示したいEnterpriseをクリックしてください。 自分の Enterprise のリストの Enterprise の名前

  3. エンタープライズ アカウントのサイドバーで、 [設定] をクリックします。 エンタープライズ アカウントのサイドバー内の [設定] タブ 1. 左側のサイドバーで、 [課金] をクリックします。 Enterprise アカウント設定のサイドバーの [課金] タブ

  4. [Codespaces の 1 か月間の使用量] で、Enterprise アカウント内の各 Organization の使用状況の詳細を確認します。

  5. または、[今月の利用状況] の横にある [利用レポートの取得] をクリックして、GitHub Actions、GitHub Packages、GitHub Codespaces のストレージ利用状況の CSV レポートをダウンロードするためのリンクを含むメールを受け取ることもできます。 メールはアカウントのプライマリ メール アドレスに送信されます。 レポートで過去 7 日間、30 日間、90 日間、または 180 日間のどれを対象にするかを選択できます。

    CSV レポートのダウンロード

    このレポートで使用されるデータは毎日更新されます。

    GitHub Codespaces コンピューティングの使用量とストレージのコストを確認するには、レポートをフィルター処理して、Product 列に "Codespaces" が示される行のみを表示します。

    Codespaces でフィルター処理された使用状況レポートのスクリーンショット

    プレビルドの作成、更新、および格納のコストのみを表示するには、レポートをフィルター処理して、Actions Workflow 列に "Codespaces プレビルドの作成" が示される行のみを表示します。

    プレビルド用にフィルター処理された使用状況レポートのスクリーンショット

参考資料