Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Automatically scanning your code for vulnerabilities and errors

You can find vulnerabilities and errors in your project's code on GitHub, as well as view, triage, understand, and resolve the related code scanning alerts.

Code scanning is available for all public repositories. Code scanning is also available in private repositories owned by organizations that use GitHub Enterprise Cloud and have a license for GitHub Advanced Security. 詳しい情報については、「GitHub Advanced Security について」を参照してください。