使用制限、支払い、管理

GitHub Actions ワークフローには使用制限があります。 使用料は、リポジトリの無料の時間とストレージの量を超えるリポジトリに適用されます。

GitHub ActionsはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub AEで利用できます。 GitHub Actionsは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

GitHub Actionsの支払いについて

GitHub Actions パブリックリポジトリとセルフホストランナーでは、どちらも利用は無料です。 プライベートリポジトリでは、それぞれのGitHubアカウントは使用している製品に応じて一定量の無料の分とストレージを受け取ります。 含まれる金額を超える利用については、支出制限によって管理されます。 詳細は「GitHub Actions の支払いについて」を参照してください。

使用制限

ー GitHub ホストランナーを使用する場合、GitHub Actions の使用にはいくつかの制限があります。 これらの制限は変更されることがあります。

ノート: セルフホストランナーの場合、さまざまな使用制限が適用されます。 詳しい情報については「セルフホストランナーについて」を参照してください。

  • ジョブの実行時間 - ワークフロー中のそれぞれのジョブは、最大で6時間の間実行できます。 ジョブがこの制限に達すると、ジョブは終了させられ、完了できずに失敗します。

  • ワークフローの実行時間 - 各ワークフローの実行は72時間までに制限されます。 ワークフローの実行がこの制限に達すると、そのワークフローの実行はキャンセルされます。

  • APIリクエスト - リポジトリ内のすべてのアクションにわたって、1時間のうちに最大1000回のAPIリクエストを実行できます。 この制限を超えた場合、超過のAPIコールは失敗し、それによってジョブも失敗するかもしれません。

  • 並行ジョブ - アカウント内で実行できる並行ジョブ数は、以下の表に示すとおり、利用しているGitHubのプランによります。 この制限を超えた場合、超過のジョブはキューイングされます。

    GitHubプラン最大同時ジョブ最大同時macOSジョブ
    無料205
    Pro405
    Team605
    Enterprise18050
  • ジョブマトリックス - ジョブマトリックスは、ワークフローの実行ごとに最大で256のジョブを生成できます。 この制限は、セルフホストランナーにも適用されます。

  • Workflow run queue - リポジトリごとに10秒間隔で、100以上のワークフロー実行をキューに入れることはできません。 ワークフローの実行がこの制限に達すると、そのワークフローの実行は終了させられ、完了に失敗します。

利用のポリシー

使用制限に加えて、

GitHub 利用規約で GitHub Actions を使用していることを確認する必要があります。 GitHub Actionsの固有の規約に関する詳しい情報については、GitHubの追加製品規約を参照してください。

成果物とログの保持ポリシー

リポジトリ、Organization、または Enterprise アカウントの成果物とログの保持期間を設定できます。

デフォルトでは、ワークフローによって生成された成果物とログファイルは、90日間保持された後自動的に削除されます。 この保持の期間は、リポジトリの種類によって調整できます。

  • パブリックリポジトリの場合: この保持時間を1日から90日の間で変更できます。
  • プライベート、インターナル、GitHub Enterpriseリポジトリの場合: この保持期間を1日から400日の間で変更できます。

保持期間をカスタマイズした場合、適用されるのは新しい成果物とログファイルに対してであり、既存のオブジェクトにさかのぼっては適用されません。 管理されたリポジトリ及びOrganizationについては、最大の保持期間は管理するOrganizationあるいはEnterpriseによって設定された上限を超えることはできません。

詳しい情報については、以下を参照してください。

リポジトリまたは Organization の GitHub Actions を無効化または制限する

デフォルトでは、GitHub ActionsはすべてのリポジトリとOrganizationで有効になります。 GitHub Actionsを無効化したり、プライベートのアクションのみに制限し、リポジトリ内に存在するアクションだけを使えるようにすることができます。

詳しい情報については、以下を参照してください。

ワークフローの無効化と有効化

GitHub のリポジトリで個々のワークフローを有効化または無効化できます。

不必要なワークフローの実行を避けるために、スケジュールされたワークフローは自動的に無効化できます。 パブリックリポジトリがフォークされると、スケジュールされたワークフローはデフォルトで無効化されます。 パブリックリポジトリでは、60日間にリポジトリにアクティビティがなかった場合、スケジュールされたワークフローは自動的に無効化されます。

詳しい情報については、「ワークフローの無効化と有効化」を参照してください。

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡