ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ワークフローステータスバッジを追加する

リポジトリにステータスバッジを表示して、ワークフローのステータスを示すことができます。

GitHub ActionsはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Oneで利用できます。 GitHub Actionsは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。 For more information, see "GitHub's products."

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.

GitHub Actions の支払いを管理する GitHubは、macOSランナーのホストにMacStadiumを使用しています。

A status badge shows whether a workflow is currently failing or passing. ステータスバッジを追加する一般的な場所は、リポジトリのREADME.mdファイル中ですが、任意の好きなWebページに追加できます。 By default, badges display the status of your default branch. 特定のブランチやイベントに対するワークフローの実行のステータスを、URL中のbranch及びeventクエリパラメータを使って表示することもできます。

example status badge

ワークフローで キーワードを使用する場合は、ワークフローを名前で参照する必要があります。 ワークフローの名前に空白が含まれている場合は、URL エンコード文字列 %20にスペースを置き換える必要があります。 name キーワードに関する詳しい情報については、「GitHub Actionsのためのワークフローの構文」を参照してください。

https://github.com/<OWNER>/<REPOSITORY>/ワークフロー/<WORKFLOW_NAME>/badge.svg

または、ワークフローに 名が含まれていない場合は、リポジトリのルート ディレクトリに対する相対ファイル パスを使用してワークフロー ファイルを参照する必要があります。

注意: ワークフローに 名が含まれていない場合、ファイル パスを使用してワークフロー ファイルを参照機能しません。

https://github.com/<OWNER>/<REPOSITORY>/ワークフロー/<WORKFLOW_FILE_PATH>/badge.svg

ワークフロー名を使用する

この Markdown の例では、"すべてのユーザーを出す" という名前のワークフローのステータス バッジを追加します。 リポジトリの OWNER は、組織 アクションであり、 <code>リポジトリ 名はハローワールド`。

![ワークフロー名の例](https://github.com/actions/hello-world/workflows/Greet%20E非常に一つ/バッジ.svg)
`

ワークフローのファイルパスを使用する

この Markdown の例では、ファイル パスを持つワークフローのステータス バッジを追加します .github/workflow/main.yml。 リポジトリの OWNER は、組織 アクションであり、 <code>リポジトリ 名はハローワールド`。

![ワークフロー ファイルのパスの例](https://github.com/actions/hello-world/workflows/.github/workflows/main.yml/badge.svg)
`

branch パラメータを使用する

この Markdown の例では、機能 1の名前 `分岐のステータス バッジを追加します。

![分岐パラメータの例](https://github.com/actions/hello-world/workflows/Greet%20E非常に一人/バッジ.svg?ブランチ=フィーチャー-1)
`

event パラメータを使用する

この Markdown の例では、 pull_request イベントによってトリガーされたワークフロー実行の状態を示すバッジを追加します。

![イベント パラメーターの例](https://github.com/actions/hello-world/workflows/Greet%20E非常に一人/バッジ.svg?イベント=pull_request)

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.