ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.21

GitHub InsightsとGitHub Enterprise間の接続の設定

GitHub InsightsがGitHub Enterpriseに接続する方法を管理できます。

GitHub Insightsの管理権限を持つ人は、GitHub Enterpriseへの接続を設定できます。

GitHub InsightsはGitHub Oneで利用できます。 詳細は「GitHub の製品」を参照してください。

  1. GitHub Insightsで、 Settings(の設定)をクリックしてください。
    設定タブ
  2. Settingsの下で、Enterpriseをクリックしてください。
    Enterpriseタブ
  3. "GitHub API URL"の下で、GitHub Enterpriseにアクセスするのに使うURLを入力してください。
    GitHub Enterprise API URLフィールド
  4. "App ID"の下で、アプリケーションを作成したときに記録したGitHub AppのApp IDを入力してください。
    App IDフィールド
  5. "Client ID"の下で、アプリケーションを作成したときに記録したGitHub AppのClient IDを入力してください。
    Client IDフィールド
  6. "Client Secret(クライアントシークレット)"の下で、アプリケーションを作成したときに記録したGitHub Appのクライアントシークレットを入力してください。
    クライアントシークレットフィールド
  7. "Private Key(秘密鍵)"の下で、GitHub Appの秘密鍵を入力してください。この秘密鍵は、アプリケーションの作成時にダウンロードしたPEMファイルに含まれています。
    秘密鍵フィールド
  8. "Webhook Secret(webhookのシークレット)"の下で、アプリケーションを作成したときに記録したGitHub Appのwebhookシークレットを入力してください。
    Webhookのシークレットフィールド
  9. インストール時にSSL証明書を手今日しなかった場合は、Skip SSL Certificate Check(SSL証明書のチェックのスキップ)を選択してください。
    SSL証明書のチェックのスキップのチェックボックス
  10. Saveをクリックします。
  11. "GitHub Insights License(GitHub Insightsライセンス)"の下で、"Choose Files(ファイルの選択)"をクリックし、続いてGitHub Enterpriseのライセンスファイルをアップロードしてください。
    ファイルの選択ボタン
  12. Update License(ライセンスの更新)をクリックしてください。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください