👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-08-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

GitHub Insightsについて

GitHub Insightsは、エンジニアリングチームがソフトウェアデリバリのプロセスを理解し、改善することを支援するメトリクスと分析レポートを提供します。

GitHub InsightsはGitHub Oneで利用できます。 詳細は「GitHub の製品」を参照してください。

ここには以下の内容があります:

GitHub Insights について

GitHub Insightsは、使用している GitHub Enterprise Serverインスタンスからのデータに基づく分析レポートを提供するスタンドアローンアプリケーションで、ソフトウェアデリバリのプロセスを理解し、改善する手助けをします。 これらのメトリクスは、プロセス中のボトルネックの除去、コラボレーションの改善、プロジェクトのデリバリを高品質で高速に行うために利用できます。

GitHub Insightsはマシン上でホストされ、GitHub Enterpriseとインターフェースします。 詳しい情報については「GitHub Insightsのシステム概要」を参照してください。

GitHub Insightsにアクセスできる人は、Teamやリポジトリによるフィルタリングを利用して、データにコンテキストを与えるためにメトリクスの表示や操作を行えます。 詳しい情報については「GitHub Enterpriseの利用状況を調べる」を参照してください。

GitHub Insightsの管理権限を持っている人は、表示するメトリクスを選択でき、それらのメトリクスにどのOrganization、リポジトリ、人が含まれるかを選択できます。 また、イベントを管理してメトリクスにコンテキストを追加することもできます。 詳しい情報については「GitHub Insights内のデータについて」を参照してください。

サポートへの連絡

GitHub SupportからGitHub Insightsに関するサポートを受けることができます。 詳しい情報については「GitHub Supportへの連絡」を参照してください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください