Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-06-29. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

Visual Studio Code 内での CodeQL の使用

Visual Studio Code 拡張機能の CodeQL を使用して、Visual Studio Code 内の CodeQL クエリを書き込み、実行、テストします。

この機能を使用できるユーザーについて

GitHub CodeQL は、インストール時にユーザーごとにライセンスされます。 CodeQL は、ライセンスの制限の下で特定のタスクでのみ使用できます。 詳しくは、「CodeQL CLI について」を参照してください。

GitHub Advanced Security ライセンスがある場合は、CodeQL を使用して、自動分析、継続的インテグレーション、継続的デリバリーを行うことができます。 詳しくは、「GitHub Advanced Security について」を参照してください。

Visual Studio Code 拡張機能の CodeQL の概要

Visual Studio Code の CodeQL 拡張機能を使用すると、クエリを実行してコードベースの問題を簡単に見つけることができます。

VS Code 拡張機能の CodeQL の高度な機能の使用

Visual Studio Code の CodeQL 拡張機能は、CodeQL の豊富な言語サポートを追加し、コードベースで問題を見つけるためのクエリの記述をサポートします。

VS Code 向け CodeQL のトラブルシューティング

Visual Studio Code の CodeQL 拡張機能に関する問題を解決する方法について説明します。