Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-06-29. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

大規模な GitHub Advanced Security の導入

業界と GitHub のベスト プラクティスを使用して、企業で GitHub Advanced Security をロールアウトするための段階的なアプローチ。

大規模な GitHub Advanced Security の導入の概要

業界と GitHub のベスト プラクティスに従って、企業で GitHub Advanced Security を大規模に導入できます。

フェーズ 1: ロールアウト戦略と目標に合わせる

code scanning と secret scanning を有効にする前に、企業全体に GHAS をロールアウトする方法を計画します。

フェーズ 2: 大規模な有効化の準備

このフェーズでは、開発者の準備を行い、チームの準備を確実にするためにリポジトリに関するデータを収集し、パイロット プログラムと、code scanning および secret scanning のロールアウトに必要なすべてのものを用意します。

フェーズ 3: パイロット プログラム

最初のロールアウトのパイロットに使用する影響の大きいいくつかのプロジェクトやチームから始めるとメリットが得られる場合があります。 これにより、社内の最初のグループが GHAS に慣れ、GHAS を有効にして構成する方法を学習し、GHAS に関する強固な基盤を構築してから、会社の残りの部分にロールアウトすることができます。

フェーズ 4: 内部ドキュメントを作成する

内部ドキュメントを作成し、これを GitHub Advanced Security のコンシューマーに伝えます。

フェーズ 5: Code Scanning のロールアウトとスケーリング

使用可能な API を利用し、先ほど収集したリポジトリ データを使用して、企業全体で Team 別および言語別に code scanning をプログラムでロールアウトできます。

フェーズ 6: secret scanning のロールアウトとスケーリング

この最後のフェーズでは、secret scanning のロールアウトについて重点的に取り上げます。 Secret scanning は、必要な構成が少ないため、code scanning よりも簡単にロールアウトできるツールですが、新しい結果と古い結果を処理するための戦略を策定することが重要です。