Skip to main content

GitHub Enterprise ServerとGitHub Enterprise Cloudとのライセンス利用状況の同期

GitHub Enterprise ServerからGitHub Enterprise Cloudまでのライセンスの利用状況を同期して、Entepriseでのすべてのライセンス利用状況を一カ所で表示し、両方の環境でアカウントを持つ人が1つのユーザライセンスしか消費していないことを確認できます。

Who can use this feature

Enterprise owners can sync license usage between enterprise accounts on GitHub Enterprise Server and GitHub Enterprise Cloud.

ライセンスの利用状況の同期について

GitHub では、一意ユーザーのライセンス モデルが使用されます。 複数のデプロイ オプションを含むエンタープライズ製品の場合、GitHub では、すべてのデプロイ全体の一意のユーザー数に基づいて、使用するライセンス シートの数が決まります。

各ユーザーは、そのユーザーが使う GitHub Enterprise Server インスタンスの数や、GitHub Enterprise Cloud でそのユーザーがメンバーになっている Organization の数に関係なく、1 つのライセンスのみを使います。 このモデルを使用すると、各ユーザーが、追加のコストなしで複数の GitHub Enterprise デプロイを使用できます。

複数の GitHub Enterprise 環境を使用しているユーザーが 1 つのライセンスのみを使用するためには、環境間でライセンス利用状況を同期する必要があります。 その後、ユーザー アカウントに関連付けられているメール アドレスに基づいて、GitHub によりユーザーの重複が除去されます。 詳しくは、GitHub Enterprise のライセンス利用状況のトラブルシューティングに関するページを参照してください。

確実にGitHub.com上の最新のライセンスの詳細を見ているようにするには、GitHub Connectを使って自動的に環境間でライセンスの利用状況を同期できます。 GitHub Connect の詳細については、「GitHub Connect について」を参照してください。

GitHub Connectを有効化したくない場合は、GitHub Enterprise ServerからファイルをGitHub.comにアップロードすることによって、手動でライセンスの利用状況を同期できます。

ライセンスの使用を同期するときは、GitHub Enterprise Server 上の各ユーザー アカウントのユーザー ID とメール アドレスのみが、GitHub Enterprise Cloud に送信されます。

ライセンス利用状況を同期したら、GitHub.com のエンタープライズ設定ですべての環境における使用ライセンスのレポートを表示できます。 詳細については、「GitHub Enterprise のライセンス利用状況の表示」を参照してください。

注: ライセンス利用状況を同期したときに、GitHub.com 上のエンタープライズ アカウントが Enterprise Managed Users を使用しない場合は、GitHub.com 上のエンタープライズ アカウントについて検証済みドメインを有効化することを強くお勧めします。 プライバシー上の理由から、メール アドレスが検証済みドメインでホストされている場合には、使用ライセンス レポートに GitHub.com 上のユーザー アカウントに関連付けられたメール アドレスのみが含まれます。 1 人のユーザーが複数のライセンスを誤って使用している場合は、重複除去に使用されているメール アドレスにアクセスできると、トラブルシューティングがはるかに簡単になります。 詳細については、「エンタープライズのドメインの検証または承認」と「Enterprise Managed Users について」(GitHub Enterprise Cloud ドキュメント) を参照してください。

自動的なライセンス利用状況の同期

GitHub Connect を使って、GitHub Enterprise Server と GitHub Enterprise Cloud 間で毎週自動的にライセンスの数と使用状況を同期できます。 詳細については、「エンタープライズの自動ユーザー ライセンス同期を有効にする」を参照してください。

GitHub Connect を有効にすると、ライセンス データは毎週自動的に同期されます。 また、ライセンス同期ジョブをトリガーすることで、ライセンス データをいつでも手動で同期することができます。

ライセンス同期ジョブのトリガー

  1. GitHub Enterprise Server インスタンスにサインインします。

  2. GitHub Enterprise Server の右上で、ご自分のプロファイル写真をクリックしてから、 [Enterprise 設定] をクリックします。 GitHub Enterprise Server のプロファイル写真のドロップダウン メニューの [自分の Enterprise] 1. エンタープライズ アカウントのサイドバーで、 [設定] をクリックします。 エンタープライズ アカウントのサイドバー内の [設定] タブ

  3. 左側のサイドバーで、 [ライセンス] をクリックします。 [Enterprise アカウント設定] サイドバーの [ライセンス] タブ

  4. [License sync](ライセンス同期) の下にある [Sync now](今すぐ同期) をクリックします。 [License sync](ライセンス同期) セクションの [Sync now](今すぐ同期) ボタンのスクリーンショット

Manually uploading GitHub Enterprise Server ライセンスの使用状況を手動でアップロードする

GitHub Enterprise Server から JSON ファイルをダウンロードして GitHub Enterprise Cloud にそのファイルをアップロードし、2 つのデプロイメント間でユーザライセンスの使用状況を手動で同期できます。

  1. GitHub Enterprise Server の右上で、ご自分のプロファイル写真をクリックしてから、 [Enterprise 設定] をクリックします。 GitHub Enterprise Server のプロファイル写真のドロップダウン メニューの [自分の Enterprise] 1. エンタープライズ アカウントのサイドバーで、 [設定] をクリックします。 エンタープライズ アカウントのサイドバー内の [設定] タブ

  2. 左側のサイドバーで、 [ライセンス] をクリックします。 [Enterprise アカウント設定] サイドバーの [ライセンス] タブ

  3. [Quick links](クイック リンク) で、GitHub Enterprise Server 上の現在のライセンス使用状況を含むファイルをダウンロードするには、 [Export license usage](ライセンス使用状況のエクスポート) をクリックします。 [Export license usage](ライセンス使用状況のエクスポート) リンク 1. GitHub.com に移動します。

  4. GitHub.com の右上の自分のプロフィール写真をクリックし、 [自分のエンタープライズ] をクリックしてください。 GitHub Enterprise Server のプロファイル写真のドロップダウン メニューの [自分の Enterprise]

  5. Enterpriseのリストで、表示したいEnterpriseをクリックしてください。 エンタープライズのリストのエンタープライズの名前 1. エンタープライズ アカウントのサイドバーで、 [設定] をクリックします。 エンタープライズ アカウントのサイドバー内の [設定] タブ

  6. 左側のサイドバーで、 [ライセンス] をクリックします。 [Enterprise アカウント設定] サイドバーの [ライセンス] タブ

  7. [Enterprise Server Instances](Enterprise Server インスタンス) の下にある [Add server usage](サーバー使用状況の追加) をクリックします。 GitHub Enterprise Server 使用状況のアップロード リンク

  8. GitHub Enterprise ServerからダウンロードしたJSONファイルをアップロードします。 アップロードするファイルのドラッグ アンド ドロップまたは選択