Skip to main content

Managing auto-merge for pull requests in your repository

この記事では、次の項目が扱われます。

You can allow or disallow auto-merge for pull requests in your repository.

Who can use this feature

People with maintainer permissions can manage auto-merge for pull requests in a repository.

Pull Requestの自動マージは、GitHub Free及びOrganizationのGitHub Freeのパブリックリポジトリ、GitHub Pro、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Serverのパブリック及びプライベートリポジトリで利用できます。

About auto-merge

If you allow auto-merge for pull requests in your repository, people with write permissions can configure individual pull requests in the repository to merge automatically when all merge requirements are met. If someone who does not have write permissions pushes changes to a pull request that has auto-merge enabled, auto-merge will be disabled for that pull request. For more information, see "Automatically merging a pull request."

Managing auto-merge

: 自動マージを有効にするオプションは、すぐにマージできない pull request でのみ表示されます。 たとえば、ブランチ保護のルールが「マージの前にPull Requestレビューが必須」あるいは「マージの前にステータスチェックをパスすることが必須」を求めるものの、これらの条件がまだ満たされていない場合です。 詳細については、「ブランチ保護ルールを管理する」を参照してください。

  1. On your GitHub Enterprise Server instance, navigate to the main page of the repository.
  2. リポジトリ名の下の [ 設定] をクリックします。 リポジトリの設定ボタン
  3. Under "Pull Requests", select or deselect Allow auto-merge. Checkbox to allow or disallow auto-merge