Skip to main content

共同開発モデルについて

この記事では、次の項目が扱われます。

プルリクエストの使い方は、プロジェクトで使う開発モデルのタイプによります。 フォークおよびプル モデルまたは共有リポジトリ モデルを使用できます。

フォークとプルモデル

フォークとプルモデルでは、誰でも既存のリポジトリをフォークして、個人のフォークに変更をプッシュできます。 ユーザが所有するフォークにプッシュする際に、ソースリポジトリへのアクセス許可は必要ありません。 プロジェクトのメンテナーは、その変更をソースリポジトリにプルできます。 ユーザが所有するフォークのブランチからソース(上流)のリポジトリのブランチへの変更を提案するプルリクエストをオープンすると、上流のリポジトリへのプッシュアクセスを持つすべてのユーザがプルリクエストに変更を加えられるようにすることができます。 このモデルは、新しいコントリビュータにとって摩擦が減り、事前に調整することなく人々が独立して作業できることから、オープンソースプロジェクトでよく使われます。

参考: オープン ソースに関する詳しい情報、特にオープン ソース プロジェクトの立ち上げと成長させる方法について、健全なオープン ソース コミュニティの育成を支援する「オープン ソース ガイド」を作成しました。 オープン ソース コミュニティの維持に関する無料の GitHub Skills コースを受講することもできます。

共有リポジトリ モデル

共有リポジトリモデルでは、コラボレータは単一の共有リポジトリへのプッシュアクセスが許可され、変更の必要がある場合にはトピックブランチが作成されます。 このモデルでは、メインの開発ブランチに変更がマージされる前に、一連の変更についてコードレビューと一般的な議論を始めることができるので、プルリクエストが役に立ちます。 このモデルは、プライベートなプロジェクトで協力する小さなTeamやOrganizationで普及しています。

参考資料