Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Issue及びPull Requestのフィルタリングと検索

GitHub Enterprise Server上のリポジトリに関する詳細情報を見つけるために、そのリポジトリに関連するIssueやPull Requestをフィルタリング、ソート、検索できます。

ヒント: GitHub CLI を使用してIssueやPull Requestをフィルタすることもできます。 詳しい情報については、ドキュメントの「gh issue list」または「gh pr list」GitHub CLI を参照してください。

Issue およびPull Requestをフィルタリングする

Issue およびPull Requestには、適用してリストを整理するためのデフォルトのフィルタが備わっています。

あなた、もしくはあなたがメンバーになっているTeamがレビューを求められているプルリクエストは、review-requested:[USERNAME]あるいはteam-review-requested:[TEAMNAME]という検索条件で検索できます。 詳しい情報については「Issueやプルリクエストの検索」を参照してください。

Issue およびPull Requestをフィルタリングして、以下を探すことができます:

  • すべてのオープンな Issue およびPull Request
  • 自分で作成した Issue およびPull Request
  • 自分に割り当てられた Issue およびPull Request
  • 自分が @メンションされた Issue およびPull Request

ヒント: GitHub CLI を使用してIssueやPull Requestをフィルタすることもできます。 詳しい情報については、ドキュメントの「gh issue list」または「gh pr list」GitHub CLI を参照してください。

  1. GitHub Enterprise Serverインスタンスで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で IssuesあるいはPull requests(プルリクエスト)をクリックしてください。 Issue とプルリクエストのタブの選択
  3. [Filters] をクリックしてフィルタの種類を選びます。 [Filters] ドロップダウンメニューを使用する

Issue およびPull Requestをアサインされた人でフィルタリングする

IssueあるいはPull Requestを誰かに割り当てたら、それらについての作業をしている人に基づいてアイテムを見つけることができます。

  1. GitHub Enterprise Serverインスタンスで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で IssuesあるいはPull requests(プルリクエスト)をクリックしてください。 Issue とプルリクエストのタブの選択
  3. 右上にある [Assignee] ドロップダウンメニューをクリックします。
  4. [Assignee] ドロップダウンメニューには、リポジトリへの書き込み権限のあるすべてのユーザがリストされます。 確認したい割り当てられた項目を持つユーザの名前をクリックするか、[Assigned to nobody] をクリックして未割り当ての Issue を表示します。 [Assignee] ドロップダウンメニューを使用する

フィルタの選択をクリアするには、[Clear current search query, filters, and sorts] をクリックします。

Issue およびPull Requestをラベルでフィルタリングする

IssueあるいはPull Requestにラベルを適用したら、アイテムをラベルに基づいて見つけることができます。

  1. GitHub Enterprise Serverインスタンスで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で IssuesあるいはPull requests(プルリクエスト)をクリックしてください。 Issue とプルリクエストのタブの選択
  3. Issueもしくはプルリクエストのリストの上部で、Labels(ラベル)をクリックしてください。 リポジトリのIssueもしくはプルリクエストページのラベルタブ
  4. ラベルのリストでラベルをクリックして、割り当てられた Issue とプルリクエストを表示します。 リポジトリのラベルのリスト

ヒント: フィルタの選択をクリアするには、[Clear current search query, filters, and sorts] をクリックします。

プルリクエストをレビューステータスでフィルタリングする

フィルタを使用して、レビューステータスでPull Requestをフィルタリングしたり、自分でレビューしたPull Requestや他のユーザにレビューするよう依頼されたPull Requestを検索したりできます。

Pull Requestのリポジトリのリストをフィルタリングして、次の検索を行えます:

  1. GitHub Enterprise Serverインスタンスで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で、クリックします Pull requests
    ![Pull request tab selection](/assets/images/enterprise/3.3/repository/repo-tabs-pull-requests.png)
    
  3. 右上にある [Reviews] ドロップダウンメニューをクリックします。 プルリクエストのリストの上にあるフィルタメニュー内の [Reviews] ドロップダウンメニュー
  4. フィルタを選択してます。そのフィルタのステータスのPull Requestすべてが検索されます。 [Reviews] ドロップダウンメニュー内のフィルタのリスト

検索を使用して Issue およびプルリクエストをフィルタリングする

特定の条件を満たすIssueやPull Requestを検索するために、高度なフィルターを使うことができます。

IssueやPull Requestの検索

Issue とPull Requestの検索バーを使用すると、独自のカスタムフィルターを定義し、さまざまな基準で並べ替えることができます。 検索バーは、各リポジトリの [Issues] および [Pull requests] タブ、ならびにIssues および Pull requests のダッシュボードにあります。

Issue およびプルリクエストの検索バー

ヒント: キーボードショートカットを使えば、Issueあるいはプルリクエストのリストの上にある検索バー上のカーソルに集中できます。 詳細は「キーボードのショートカット」を参照してください。

To learn more about GitHub CLI, see "About GitHub CLI."

GitHub CLIを使ってIssueやPull Requestを検索できます。 --search引数や検索クエリとともにgh issue listあるいはgh pr listサブコマンドを使ってください。

たとえば、アサインされた人がなく、help wantedあるいはbugというラベルを持つすべてのIssueを、作成された日付順にリストできます。

gh issue list --search 'no:assignee label:"help wanted",bug sort:created-asc'

octo-org/octo-teamチームをメンションしているすべてのPull Requestをリストすることもできます。

gh pr list --search "team:octo-org/octo-team"

検索語について

Issue およびPull Requestの検索用語により、次のことができます:

  • 作者による Issue とPull Requestのフィルタリング: state:open type:issue author:octocat
  • 特定の人に関連するが、必ずしも @メンションではない Issue とPull Requestのフィルタリング: state:open type:issue involves:octocat
  • アサインされた人による Issues とPull Requestのフィルタリング: state:open type:issue assignee:octocat
  • ラベルにより Issue とPull Requestをフィルタリング: state:open type:issue label:"bug"
  • 次の用語の前に - を使用して検索用語を除外: state:open type:issue -author:octocat

参考: 論理和あるいは論理積を使って、ラベルでIssueやPull Requestをフィルタリングできます。

  • 論理和を使ってIssueをフィルタリングするには、カンマ構文を使ってください:label:"bug","wip"
  • 論理積を使ってIssueをフィルタリングするには、個別のラベルフィルタを使ってください:label:"bug" label:"wip"

Issueについては、以下も検索に利用できます。

  • クローズしているリファレンスlinked:prによってPull RequestにリンクされているIssueのフィルタリング

プルリクエストについては、検索を利用して以下の操作もできます。

  • ドラフトPull Requestのフィルタリング: is:draft
  • まだレビューされていないPull Requestのフィルタリング: state:open type:pr review:none
  • マージされる前にレビューを必要とするPull Requestのフィルタリング: state:open type:pr review:required
  • レビュー担当者が承認したPull Requestのフィルタリング: state:open type:pr review:approved
  • レビュー担当者が変更を要求したPull Requestのフィルタリング: state:open type:pr review:changes_requested
  • レビュー担当者によるPull Requestのフィルタリング: state:open type:pr reviewed-by:octocat
  • レビューを要求された特定のユーザーによるPull Requestのフィルタリング: state:open type:pr review-requested:octocat
  • 誰かから直接レビューを求められたPull Requestのフィルタリング:state:open type:pr user-review-requested:@me
  • レビューを要求されたチームによるプルリクエストのフィルタリング: state:open type:pr team-review-requested:github/atom
  • プルリクエストでクローズできるIssueにリンクされているプルリクエストのフィルタリング: linked:issue

Issue およびPull Requestをソートする

フィルターは、特定の期間の情報をよりよく提供するためにソートできます。

これらのフィルタービューでソートできます。

  • 一番新しく作成された Issue またはPull Request
  • 一番古くに作成された Issue またはPull Request
  • 最もコメントされた Issue またはPull Request
  • 最もコメントされていない Issue およびPull Request
  • 一番新しく更新された Issue またはPull Request
  • 一番古くに更新された Issue またはPull Request
  • 最もリアクションがあったIssueまたはPull Request
  1. GitHub Enterprise Serverインスタンスで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で IssuesあるいはPull requests(プルリクエスト)をクリックしてください。 Issue とプルリクエストのタブの選択
  3. 右上にあるソートドロップダウンメニューをクリックします。 ソートドロップダウンタブを使用する

ソートの選択を解除するには、[Sort] > [Newest] をクリックします。

フィルターを共有する

一定の Issue およびプルリクエストをフィルタリングする場合、ブラウザの URL は、次の表示にマッチするように自動的に更新されます。

Issue が生成した URL は、どのユーザにも送れます。そして、あなたが見ているフィルタビューと同じフィルタで表示できます。

たとえば、Hubot にアサインされた Issue でフィルタリングし、最も古いオープン Issue でソートした場合、あなたの URL は、次のように更新されます:

/issues?q=state:open+type:issue+assignee:hubot+sort:created-asc

参考リンク