Skip to main content

コードスニペットへのパーマリンクを作成する

この記事では、次の項目が扱われます。

特定バージョンのファイルやプルリクエストにある特定のコード行やコード行の範囲へのパーマリンクを作成できます。

コードへのリンク

このタイプのパーマリンクは、元々作成された場所であるリポジトリでのみ、コードスニペットとして表示されます。 それ以外のリポジトリでは、パーマリンクのコードスニペットは URL として表示されます。

コメントに表示されたコードスニペット

ヒント: ファイル全体のパーマリンクを作成するには、「Getting permanent links to files (ファイルへの永続的リンクを取得する)」を参照してください。

  1. your GitHub Enterprise Server instance で、リポジトリのメイン ページへ移動します。
  2. リンクしたいコードを特定します:
    • ファイルからコードにリンクするには、対象のファイルに移動します。
    • pull request からコードにリンクするには、対象の pull request に移動して [Files changed](変更されたファイル) をクリックします。 次に、コメントに取り込むコードが含まれているファイルを参照し、 [View](表示) をクリックします。
  3. 1行を選択するか、範囲を選択するかを選んでください。
    • コードを1行選択するには、行番号をクリックしてその行をハイライトしてください。 コードが 1 行選択されたファイル
      • コードの範囲を選択するには、その範囲の先頭行の番号をクリックしてコードのその行をハイライトしてください。 そしてコードの範囲の最終行までポインタを移動させ、Shift を押し、行番号をクリックして範囲をハイライトします。 コードの範囲が選択されたファイル
  4. 行または行範囲の左にある をクリックします。 ドロップダウン メニューの [Copy permalink]/(パーマリンクのコピー/) をクリックします。 選択された行のパーマリンクをコピーするオプションのあるケバブメニュー
  5. コードスニペットにリンクさせたい会話に移動します。
  6. パーマリンクをコメントに貼り付け、 [Comment](コメント) をクリックします。 同じリポジトリ内のコメントに貼り付けられたパーマリンク

Markdown へのリンク

Markdown のレンダリングなしで Markdown ファイルを読み込むことにより、Markdown ファイルの特定の行にリンクすることができます。 レンダリングなしで Markdown ファイルを読み込むには、ファイルの URL の最後で ?plain=1 パラメーターを使います。 たとえば、「 github.com/<organization>/<repository>/blob/<branch_name>/README.md?plain=1 」のように入力します。

コード内で行うのと同じ方法で、Markdown ファイルの特定の行にリンクすることができます。 URL の最後に、行番号 (複数可) と一緒に #L を追加します。 たとえば、github.com/<organization>/<repository>/blob/<branch_name>/README.md?plain=1#L14 はプレーンな README.md ファイルの 14 行目を強調表示します。

参考資料