Skip to main content

Enterprise の Organization を管理する

Organization は、類似したプロジェクトに取り組む部門やグループなど、社内の個別のユーザー グループを作成するのに最適です。 Organization に属するパブリックおよび内部リポジトリには、Enterprise 内の他の Organization のメンバーがアクセスできますが、プライベート リポジトリには、アクセスが許可されている Organization のメンバー以外はアクセスできません。
  • Organizationのメンバーシップの可視性の設定

    Enterprise 全体の新しい Organization メンバーの可視性をパブリックまたはプライベートに設定できます。 また、メンバーが自分の可視性をデフォルトから変更できないようにすることもできます。

  • ユーザによるOrganizationの作成の禁止

    ユーザが Enterprise 内に Organization を作成できないようにすることができます。

  • Organizationに2要素認証を要求する

    Organizationのメンバーと外部のコラボレータに対し、Organizatin内の個人アカウントで2要素認証を有効化することを求め、悪意ある者がOrganizationのリポジトリや設定にアクセスするのを困難にできます。

  • チームの作成

    Team は Organization がメンバーのグループを作成し、リポジトリへのアクセスを制御できるようにします。 Team のメンバーには特定のリポジトリの読み取り、書き込み、管理権限を与えることができます。

  • チームへのユーザーの追加

    チームが作成されると、組織の管理者はユーザーを your GitHub Enterprise Server instance からチームに追加し、どのリポジトリにアクセスできるようにするかを決定できます。

  • Team及びOrganizationからのユーザの削除

    Organizationのメンバーが特定のリポジトリへのアクセスを必要としなくなったなら、そのメンバーをアクセスを許可しているTeamから削除できます。 OrganizationのメンバーがOrganizationの所有するすべてのリポジトリへのアクセスを必要としなくなったなら、そのメンバーをOrganizationから削除できます。

  • 削除された Organization の復元

    your GitHub Enterprise Server instance 上の過去に削除された組織を部分的に復元することができます。

  • Jira を使用するプロジェクトの管理

    プロジェクト管理用に GitHub Enterprise Server と Jira を統合することができます。

  • Jenkinsを使った継続的インテグレーション

    your GitHub Enterprise Server instance のリポジトリにプッシュされたときに、Jenkins サーバーのビルド ジョブを自動的にトリガーすることができます。