Skip to main content

GitHub Actions の High Availability

High Availability 設定で GitHub Actions を管理するための特別な留意点がいくつかあります。

GitHub Actions データのレプリケーションまたは冗長性

GitHub Actionsは、ワークフローの成果物とログを保存するのに外部ストレージを使用します。 このデータは、Azure BLOB ストレージ、Amazon S3、または MinIO などの外部プロバイダーに格納されます。 その結果、GitHub Enterprise Server のバップアップと GitHub Enterprise Server の高可用性構成は、この外部ストレージに保存されたデータに対する保護を提供せず、そのかわりに Azure または AWS といった外部ストレージのプロバイダーが提供するデータ保護およびレプリケーションに依存します。

データの冗長性またはレプリケーションを使用するように、GitHub Actions 外部ストレージを設定することを強くお勧めします。 詳細については、次のストレージプロバイダのドキュメントを参照してください。

High Availability レプリカ

レプリカの昇格

High Availability 設定を有効にすると、レプリカは GitHub Actions 外部ストレージ設定を使用するように自動的に設定されます。 レプリカを昇格させるためにフェイルオーバーを開始する場合、GitHub Actions に対して追加の設定変更は必要ありません。

詳細については、「レプリカ アプライアンスへのフェイルオーバーの開始」を参照してください。

High Availabilityレプリカの削除

複数のインスタンスに同じ GitHub Actions 外部ストレージへの書き込みをさせないようにします。 これは、ghe-repl-teardown コマンドを使用して、GitHub Actions 対応のレプリカを停止して完全に削除するときに発生する可能性があります。 これは、レプリカが単独の GitHub Enterprise Server に変換され、ティアダウン後もプライマリと同じ外部ストレージ設定を使用するためです。

この問題を回避するには、レプリカサーバーを廃止するか、その GitHub Actions 設定を別の外部ストレージで更新することをお勧めします。