Skip to main content

アクションの検索とカスタマイズ

アクションは、ワークフローを動かす構成要素です。 ワークフローには、コミュニティによって作成されたアクションを含めることも、アプリケーションのリポジトリ内に直接独自のアクションを作成することもできます。 このガイドでは、アクションを発見、使用、およびカスタマイズする方法を説明します。

注: GitHub ホステッド ランナーは、現在 GitHub Enterprise Server でサポートされていません。 GitHub public roadmap で、今後の計画的なサポートの詳細を確認できます。

概要

ワークフローで使用するアクションは、以下の場所で定義できます。

  • ワークフロー ファイルと同じリポジトリ
  • ワークフローへのアクセスを許可するように構成された、同じエンタープライズ アカウント内の内部リポジトリ
  • すべてのパブリック リポジトリ
  • Docker Hubで公開された Docker コンテナイメージ

GitHub Marketplace は、GitHub コミュニティによって作成されたアクションを検索するための一元的な場所です。

注: your GitHub Enterprise Server instance 上の GitHub Actions では、GitHub.com または GitHub Marketplace に対するアクションへのアクセスが制限される場合があります。 詳細については、「GitHub.com からのアクションへのアクセスを管理する」を参照し、GitHub Enterprise サイト管理者にお問い合わせください。

同じリポジトリからのアクションの追加

ワークフロー ファイルがアクションを使用するのと同じリポジトリでアクションが定義されている場合、そのアクションはワークフロー ファイル内の {owner}/{repo}@{ref} または ./path/to/dir 構文を使用して参照できます。

リポジトリ ファイル構造の例:

|-- hello-world (repository)
|   |__ .github
|       └── workflows
|           └── my-first-workflow.yml
|       └── actions
|           |__ hello-world-action
|               └── action.yml

ワークフロー ファイルの例:

jobs:
  build:
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
      # This step checks out a copy of your repository.
      - uses: actions/checkout@v3
      # This step references the directory that contains the action.
      - uses: ./.github/actions/hello-world-action

この action.yml ファイルは、アクションのメタデータを提供するために使用されます。 このファイルの内容については、「GitHub Actions のメタデータ構文」を参照してください。

別のリポジトリからのアクションの追加

アクションがワークフロー ファイルとは異なるリポジトリで定義されている場合は、ワークフロー ファイル内で {owner}/{repo}@{ref} 構文を使用してアクションを参照できます。

アクションはパブリック リポジトリに格納する必要がありますまたはワークフローへのアクセスを許可するように構成されている内部リポジトリに格納する必要があります。 詳細については、「エンタープライズとのアクションとワークフローの共有」を参照してください

jobs:
  my_first_job:
    steps:
      - name: My first step
        uses: actions/setup-node@v3

Docker Hubでのコンテナの参照

あるアクションが Docker Hub の公開された Docker コンテナー イメージで定義されている場合は、そのアクションはワークフロー ファイル内で docker://{image}:{tag} 構文を使用して参照する必要があります。 コードとデータを保護するには、ワークフローで使用する前に Docker HubからのDocker コンテナイメージの整合性を確認することを強くおすすめします。

jobs:
  my_first_job:
    steps:
      - name: My first step
        uses: docker://alpine:3.8

Docker アクションの例については、Docker-image.yml ワークフローと「Docker コンテナー アクションの作成」を参照してください。

カスタムアクションにリリース管理を使用する

コミュニティアクションの作者は、タグ、ブランチ、または SHA 値を使用してアクションのリリースを管理するオプションがあります。 他の依存関係と同様に、アクションの更新を自動的に受け入れる際のお好みに応じて、使用するアクションのバージョンを指定する必要があります。

ワークフローファイルでアクションのバージョンを指定します。 リリース管理へのアプローチに関する情報、および使用するタグ、ブランチ、または SHA 値を確認するには、アクションのドキュメントを確認してください。

注: サードパーティのアクションを使用する場合は、SHA 値を使用することをお勧めします。 詳細については、「GitHub Actions のセキュリティ強化」を参照してください。

タグの使用

タグは、メジャーバージョンとマイナーバージョンの切り替えタイミングを決定するときに役立ちますが、これらはより一過性のものであり、メンテナから移動または削除される可能性があります。 この例では、v1.0.1 としてタグ付けされたアクションをターゲットにする方法を示しています。

steps:
  - uses: actions/javascript-action@v1.0.1

SHA の使用

より信頼性の高いバージョン管理が必要な場合は、アクションのバージョンに関連付けられた SHA 値を使用する必要があります。 SHA は不変であるため、タグやブランチよりも信頼性が高くなります。 ただし、このアプローチでは、重要なバグ修正やセキュリティアップデートなど、アクションの更新を自動的に受信しません。 短縮された値ではなく、コミットの完全な SHA 値を使う必要があります。 この例では、アクションの SHA を対象としています。

steps:
  - uses: actions/javascript-action@172239021f7ba04fe7327647b213799853a9eb89

ブランチの使用

アクションのターゲットブランチを指定すると、そのブランチに現在あるバージョンが常に実行されます。 ブランチの更新に重大な変更が含まれている場合、このアプローチは問題を引き起こす可能性があります。 この例では、@main という名前のブランチを対象とします。

steps:
  - uses: actions/javascript-action@main

詳細については、「アクションにリリース管理を使用する」を参照してください。

アクションで入力と出力を使用する

多くの場合、アクションは入力を受け入れたり要求したりして、使用できる出力を生成します。 たとえば、アクションでは、ファイルへのパス、ラベルの名前、またはアクション処理の一部として使用するその他のデータを指定する必要がある場合があります。

アクションの入力と出力を確認するには、リポジトリのルート ディレクトリの action.yml または action.yaml を確認します。

この action.yml の例では、inputs キーワードによって file-path という名前の必須の入力が定義され、何も指定されていない場合に使用される既定値が含まれています。 outputs キーワードは、結果を配置する場所を示す results-file という名前の出力を定義します。

name: "Example"
description: "Receives file and generates output"
inputs:
  file-path: # id of input
    description: "Path to test script"
    required: true
    default: "test-file.js"
outputs:
  results-file: # id of output
    description: "Path to results file"

次の手順

GitHub Actions について引き続き学習するには、「GitHub Actions の重要な機能」を参照してください。