Skip to main content

Deploying .NET to Azure App Service

You can deploy your .NET project to Azure App Service as part of your continuous deployment (CD) workflows.

ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHubパブリックロードマップで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

はじめに

This guide explains how to use GitHub Actions to build and deploy a .NET project to Azure App Service.

Note: GitHub ActionsワークフローがOpenID Connect(OIDC)をサポートするクラウドプロバイダからのリソースへのアクセスを必要とするなら、クラウドプロバイダから直接認証を受けるよう、ワークフローを設定できます。 そうすることで、それらの認証情報を長期間使われるシークレットとして保存することを止めることや、その他のセキュリティ上の利点が得られます。 詳しい情報については「OpenID Connectでのセキュリティ強化について」を参照してください。 and "Configuring OpenID Connect in Azure."

必要な環境

GitHub Actionsワークフローを作成する前に、まず以下のセットアップのステップを完了しておかなければなりません。

  1. Azure App Serviceプランの作成

    たとえば、Azure CLIを使って新しいApp Serviceのプランを作成できます。

    Shell
    az appservice plan create \
       --resource-group MY_RESOURCE_GROUP \
       --name MY_APP_SERVICE_PLAN \
       --is-linux

    上のコマンドで、MY_RESOURCE_GROUPはすでに存在するAzure Resource Groupに、MY_APP_SERVICE_PLANはApp Serviceプランの新しい名前に置き換えてください。

    Azure CLIの使いからに関する詳しい情報については、Azureのドキュメンテーションを参照してください。

    • 認証については「Sign in with Azure CLI」を参照してください。
    • 新しいリソースグループを作成しなければならない場合は、「az group」を参照してください。
  2. Webアプリケーションの作成

    For example, you can use the Azure CLI to create an Azure App Service web app with a .NET runtime:

    Shell
    az webapp create \
        --name MY_WEBAPP_NAME \
        --plan MY_APP_SERVICE_PLAN \
        --resource-group MY_RESOURCE_GROUP \
        --runtime "DOTNET|5.0"

    上のコマンドで、パラメータは自分の値で置き換えてください。MY_WEBAPP_NAMEはWebアプリケーションの新しい名前です。

  3. Azure公開プロフィールを設定して、AZURE_WEBAPP_PUBLISH_PROFILEシークレットを作成してください。

    公開されたプロフィールを使って、Azureのデプロイ資格情報を生成してください。 詳しい情報については、Azureのドキュメンテーションの「Generate deployment credentials」を参照してください。

    GitHubリポジトリで、公開されたプロフィールの内容を含むAZURE_WEBAPP_PUBLISH_PROFILEという名前のシークレットを生成してください。 シークレットの作成に関する詳しい情報については「暗号化されたシークレット」を参照してください。

  4. Optionally, configure a deployment environment. 環境は、productionstagingdevelopmentのような一般的なターゲットを記述するために使われます。 GitHub Actionsワークフローが環境にデプロイする場合、その環境はリポジトリのメインページに表示されます。 環境を使って、ジョブが進むために承認を必要にしたり、ワークフローをトリガーできるブランチを制限したり、シークレットへのアクセスを制限したりできます。 環境の作成に関する詳しい情報については「デプロイメントのための環境の利用」を参照してください。

ワークフローの作成

必要な環境を整えたら、ワークフローの作成に進むことができます。

The following example workflow demonstrates how to build and deploy a .NET project to Azure App Service when there is a push to the main branch.

ワークフローのenvキー中のAZURE_WEBAPP_NAMEを、作成したWebアプリケーションの名前に設定してください。 If the path to your project is not the repository root, change AZURE_WEBAPP_PACKAGE_PATH. If you use a version of .NET other than 5, change DOTNET_VERSION.

デプロイメント環境を設定したなら、environmentの値をその環境の名前に変更してください。 環境を設定していないなら、environmentキーを削除してください。

YAML
# このワークフローはGitHubによって認定されていないアクションを使用します。
# それらはサードパーティによって提供され、
# 別個の利用規約、プライバシーポリシー、
# サポートドキュメンテーションが適用されます。

# GitHub recommends pinning actions to a commit SHA.
# To get a newer version, you will need to update the SHA.
# You can also reference a tag or branch, but the action may change without warning.

name: Build and deploy ASP.Net Core app to an Azure Web App

env:
  AZURE_WEBAPP_NAME: MY_WEBAPP_NAME   # set this to your application's name
  AZURE_WEBAPP_PACKAGE_PATH: '.'      # set this to the path to your web app project, defaults to the repository root
  DOTNET_VERSION: '5'                 # set this to the .NET Core version to use

on:
  push:
    branches:
      - main

jobs:
  build:
    runs-on: ubuntu-latest

    steps:
      - uses: actions/checkout@v3

      - name: Set up .NET Core
        uses: actions/setup-dotnet@v2
        with:
          dotnet-version: ${{ env.DOTNET_VERSION }}

      - name: Set up dependency caching for faster builds
        uses: actions/cache@v3
        with:
          path: ~/.nuget/packages
          key: ${{ runner.os }}-nuget-${{ hashFiles('**/packages.lock.json') }}
          restore-keys: |
            ${{ runner.os }}-nuget-

      - name: Build with dotnet
        run: dotnet build --configuration Release

      - name: dotnet publish
        run: dotnet publish -c Release -o ${{env.DOTNET_ROOT}}/myapp

      - name: Upload artifact for deployment job
        uses: actions/upload-artifact@v3
        with:
          name: .net-app
          path: ${{env.DOTNET_ROOT}}/myapp

  deploy:
    runs-on: ubuntu-latest
    needs: build
    environment:
      name: 'production'
      url: ${{ steps.deploy-to-webapp.outputs.webapp-url }}

    steps:
      - name: Download artifact from build job
        uses: actions/download-artifact@v3
        with:
          name: .net-app

      - name: Deploy to Azure Web App
        id: deploy-to-webapp
        uses: azure/webapps-deploy@0b651ed7546ecfc75024011f76944cb9b381ef1e
        with:
          app-name: ${{ env.AZURE_WEBAPP_NAME }}
          publish-profile: ${{ secrets.AZURE_WEBAPP_PUBLISH_PROFILE }}
          package: ${{ env.AZURE_WEBAPP_PACKAGE_PATH }}

追加リソース

以下のリソースも役に立つでしょう。

  • オリジナルのスターターワークフローについては、GitHub Actions starter-workflowsリポジトリ中のazure-webapps-dotnet-core.ymlを参照してください。
  • Webアプリケーションのデプロイに使われたアクションは、公式のAzure Azure/webapps-deployアクションです。
  • For more examples of GitHub Action workflows that deploy to Azure, see the actions-workflow-samples repository.