Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Managing security and analysis settings for your personal account

GitHub 上のプロジェクトのコードをセキュリティ保護し分析する機能を管理できます。

セキュリティおよび分析設定の管理について

GitHub を使用してリポジトリを保護できます。 このトピックでは、既存または新規のすべてのリポジトリのセキュリティおよび分析機能を管理する方法について説明します。

個々のリポジトリのセキュリティおよび分析機能は引き続き管理できます。 詳しい情報については「リポジトリのセキュリティ及び分析の設定の管理」を参照してください。

You can also review the security log for all activity on your personal account. 詳細は「セキュリティログをレビューする」を参照してください。

For an overview of repository-level security, see "Securing your repository."

既存のリポジトリに対して機能を有効または無効にする

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. In the "Security" section of the sidebar, click Code security and analysis.

  3. "Code security and analysis(コードのセキュリティ及び分析)"の下で、機能の右にあるDisable all(すべて無効化)もしくはEnable all(すべて有効化)をクリックしてください。 "Enable all" or "Disable all" button for "Configure security and analysis" features

  4. Optionally, enable the feature by default for new repositories that you own. "Enable by default" option for new repositories

  5. すべてのリポジトリに対してこの機能を有効または無効にするには、[Disable FEATURE] または [Enable FEATURE] をクリックします。 Button to disable or enable feature

既存のリポジトリで1つ以上のセキュリティ及び分析機能を有効化すると、数分のうちにGitHub上に結果が表示されます。

  • 既存のすべてのリポジトリは、選択された設定を持ちます。
  • 新しいリポジトリに対するチェックボックスを有効化していれば、新しいリポジトリは選択された設定に従うようになります。
  • If enabled, Dependabot security updates will create pull requests to upgrade vulnerable dependencies when Dependabotアラート are triggered.

既存のリポジトリに対して機能を有効または無効にする

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. In the "Security" section of the sidebar, click Code security and analysis.

  3. Under "Code security and analysis", to the right of the feature, enable or disable the feature by default for new repositories that you own. Checkbox for enabling or disabling a feature for new repositories

参考リンク