Skip to main content
ドキュメントへの更新が頻繁に発行されており、このページの翻訳はまだ行われている場合があります。 最新の情報については、「英語のドキュメント」を参照してください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2023-03-15. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

ファイルを管理する

リポジトリ内のファイルは、GitHub Enterprise Server で直接、またはコマンド ラインで作成、編集、移動、削除を行うことができます。

  • 新しいファイルの作成

    GitHub Enterprise Server上で書き込みアクセスを持つリポジトリであればどこにでも直接、新しいファイルを作成できます。

  • ファイルをリポジトリに追加する

    既存のファイルを、GitHub Enterprise Server のリポジトリへ、またはコマンド ラインを使って、アップロードまたはコミットできます。

  • ファイルを新しい場所に移動する

    リポジトリ内の任意のファイルは、GitHub Enterprise Server で直接、またはコマンド ラインを使って、別のディレクトリに移動することができます。

  • ファイルを編集する

    ファイルエディタを使用しているすべてのリポジトリについて、GitHub Enterprise Server でファイルを直接編集できます。

  • ファイル名を変更する

    リポジトリ内の任意のファイルは、GitHub Enterprise Server で直接、またはコマンド ラインを使って名前を変更することができます。

  • リポジトリのファイルを削除する

    GitHub Enterprise Server では、リポジトリ内にある個々のファイル、またはディレクトリ全体を削除することができます。

  • 変更したファイルの GitHub での表示方法をカスタマイズする

    特定のファイルを既定で diff に表示しない、またはリポジトリの言語として考えないようにするために、 .gitattributes ファイルで linguist-generated 属性を使ってマークできます。