Skip to main content

Migrating data to and from your enterprise

You can export user, organization, and repository data from GitHub Enterprise Server or GitHub.com, then import that data into your GitHub Enterprise Server instance.
  • About migrations

    A migration is the process of transferring data from a source location (either a GitHub.com organization or a GitHub Enterprise Server instance) to a target GitHub Enterprise Server instance. Migrations can be used to transfer your data when changing platforms or upgrading hardware on your instance.

  • Exporting migration data from your enterprise

    To change platforms or move from a trial instance to a production instance, you can export migration data from a GitHub Enterprise Server instance by preparing the instance, locking the repositories, and generating a migration archive.

  • GitHub.comからの移行データのエクスポート

    API を使用して移行するリポジトリを選択し、GitHub Enterprise Server インスタンスにインポートできる移行アーカイブを生成することで、GitHub.com 上の Organization から移行データをエクスポートできます。

  • Enterprise へのデータ移行の準備

    移行アーカイブを作成すると、ターゲットの GitHub Enterprise Server インスタンスにデータをインポートできます。 変更を恒久的にターゲットのインスタンスに適用する前に、潜在的なコンフリクトがないか変更をレビューできます。

  • Migrating data to your enterprise

    After generating a migration archive, you can import the data to your target GitHub Enterprise Server instance. You'll be able to review changes for potential conflicts before permanently applying the changes to your target instance.

  • サードパーティのバージョン コントロール システムからのデータのインポート

    git-import スイートのツールを使用すると、Subversion、Mercurial、Team Foundation Version Control から GitHub Enterprise Server 上の Git リポジトリにインポートできます。