Skip to main content

Deploying Java to Azure App Service

You can deploy your Java project to Azure App Service as part of your continuous deployment (CD) workflows.

注: GitHub ホステッド ランナーは、現在 GitHub Enterprise Server でサポートされていません。 GitHub public roadmap で、今後の計画的なサポートの詳細を確認できます。

Introduction

This guide explains how to use GitHub Actions to build and deploy a Java project to Azure App Service.

Prerequisites

Before creating your GitHub Actions workflow, you will first need to complete the following setup steps:

  1. Azure App Service プランを作成する。

    たとえば、Azure CLIを使って新しいApp Serviceのプランを作成できます。

    Shell
    az appservice plan create \
       --resource-group MY_RESOURCE_GROUP \
       --name MY_APP_SERVICE_PLAN \
       --is-linux

    上記のコマンドでは、MY_RESOURCE_GROUP を既存の Azure リソース グループに、MY_APP_SERVICE_PLAN を App Service プランの新しい名前に置き換えます。

    Azure CLI の使用に関する詳細については、Azure のドキュメントを参照してください。

  2. Create a web app.

    For example, you can use the Azure CLI to create an Azure App Service web app with a Java runtime:

    Shell
    az webapp create \
        --name MY_WEBAPP_NAME \
        --plan MY_APP_SERVICE_PLAN \
        --resource-group MY_RESOURCE_GROUP \
        --runtime "JAVA|11-java11"

    In the command above, replace the parameters with your own values, where MY_WEBAPP_NAME is a new name for the web app.

  3. Azure 発行プロファイルを構成し、AZURE_WEBAPP_PUBLISH_PROFILE シークレットを作成します。

    公開されたプロフィールを使って、Azureのデプロイ資格情報を生成してください。 詳細については、Azure ドキュメントの「デプロイ資格情報の生成」を参照してください。

    GitHub リポジトリで、発行プロファイルの内容を含む AZURE_WEBAPP_PUBLISH_PROFILE という名前のシークレットを作成してください。 シークレットの作成の詳細については、「暗号化されたシークレット」を参照してください。

  4. Optionally, configure a deployment environment. 環境は、一般的なデプロイ ターゲットを記述するために使用されます (例: productionstaging、または development)。 GitHub Actions ワークフローが環境にデプロイされると、その環境がリポジトリのメイン ページに表示されます。 環境を使用して、ジョブの続行に対する承認の要求、ワークフローをトリガーできるブランチの制限、シークレットへのアクセスの制限を実行できます。 環境の作成の詳細については、「デプロイに環境を使用する」を参照してください。

Creating the workflow

Once you've completed the prerequisites, you can proceed with creating the workflow.

The following example workflow demonstrates how to build and deploy a Java project to Azure App Service when there is a push to the main branch.

Ensure that you set AZURE_WEBAPP_NAME in the workflow env key to the name of the web app you created. If you want to use a Java version other than 11, change JAVA_VERSION.

デプロイ環境を構成した場合は、environment の値を環境の名前に変更します。 環境を構成しなかった場合 を使わない場合は、environment キーを削除します。

YAML
# このワークフローはGitHubによって認定されていないアクションを使用します。
# それらはサードパーティによって提供され、
# 別個の利用規約、プライバシーポリシー、
# ドキュメントを参照してください。

# GitHub では、コミット SHA にアクションをピン留めすることが推奨されます。
# 新しいバージョンを取得するには、SHA を更新する必要があります。
# タグまたはブランチを参照することもできますが、アクションは警告なしに変更される可能性があります。

name: Build and deploy JAR app to Azure Web App

env:
  AZURE_WEBAPP_NAME: MY_WEBAPP_NAME   # set this to your application's name
  JAVA_VERSION: '11'                  # set this to the Java version to use

on:
  push:
    branches:
      - main

jobs:
  build:
    runs-on: ubuntu-latest

    steps:
      - uses: actions/checkout@v2

      - name: Set up Java version
        uses: actions/setup-java@v2
        with:
          java-version: ${{ env.JAVA_VERSION }}
          cache: 'maven'

      - name: Build with Maven
        run: mvn clean install

      - name: Upload artifact for deployment job
        uses: actions/upload-artifact@v2
        with:
          name: java-app
          path: '${{ github.workspace }}/target/*.jar'

  deploy:
    runs-on: ubuntu-latest
    needs: build
    environment:
      name: 'production'
      url: ${{ steps.deploy-to-webapp.outputs.webapp-url }}

    steps:
      - name: Download artifact from build job
        uses: actions/download-artifact@v2
        with:
          name: java-app

      - name: Deploy to Azure Web App
        id: deploy-to-webapp
        uses: azure/webapps-deploy@0b651ed7546ecfc75024011f76944cb9b381ef1e
        with:
          app-name: ${{ env.AZURE_WEBAPP_NAME }}
          publish-profile: ${{ secrets.AZURE_WEBAPP_PUBLISH_PROFILE }}
          package: '*.jar'

Additional resources

The following resources may also be useful: