ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Enterprise アカウントについて

GitHub Enterprise Cloud では Enterprise アカウントを作り、Organization 間のコラボレーションを可能にしながら、管理者は一カ所で可視性と管理を扱えるようにできます。

Enterprise accounts are available with GitHub Enterprise Cloud and GitHub Enterprise Server.

ここには以下の内容があります:

Enterprise アカウントについて

Enterprise アカウントでは、複数の GitHub Organization と GitHub Enterprise Server インスタンスを管理できます。 Enterprise アカウントは、GitHub 上の Organization や個人アカウントのようにハンドルを持たなければなりません。 Enterprise 管理者は、以下のような設定やプリファレンスを管理できます:

  • メンバーのアクセスと管理 (Organization のメンバー、外部コラボレーター)
  • 支払いと使用状況 (GitHub Enterprise Server インスタンス、ユーザライセンス、Git LFS パック)
  • セキュリティ (シングルサインオン、2 要素認証)
  • GitHub Enterprise Support とのリクエストおよび Support Bundle の共有

現在、Enterpriseアカウントはと、請求書での支払いをしているGitHub Enterprise CloudとGitHub Enterprise Serverのお客様が利用できます。 Enterpriseアカウントに接続されているすべてのOrganizationとGitHub Enterprise Serverのインスタンスの請求は、1つの請求書に集約されます。 For more information about managing your GitHub Enterprise Cloud subscription, see "Viewing the subscription and usage for your enterprise account." For more information about managing your GitHub Enterprise Server billing settings, see "Managing billing for your enterprise."

GitHub Enterprise Cloud と GitHub Enterprise Server の違いについては、「GitHub の製品」を参照してください。 GitHub Enterprise にアップグレードする、または Enterprise アカウントを使い始める場合は、GitHubの営業チーム にお問い合わせください。

For more information about member access and management, see "Managing users, organizations, and repositories."

GraphQL APIを利用したEnterpriseアカウントの管理に関する詳しい情報については、「Enterprise アカウント」を参照してください。

Enterprise アカウントにリンクされている GitHub Enterprise Server ライセンスの管理

GitHub Enterpriseの管理者は、Enterpriseアカウントを使って自分のGitHub Enterprise Serverインスタンス上のユーザライセンスを表示させ、管理できます。 Enterpriseアカウントを使い始めるには、GitHubの営業チームに連絡し、「GitHub Enterpriseライセンスの管理」を参照してください。

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.