GitHub がサポートする Subversion プロパティ

GitHub Enterprise Server 上の既存の機能に類似したいくつかの Subversion ワークフローやプロパティがあります。

Executable ファイル (svn:executable)

Git リポジトリに追加する前に、ファイルモードを直接更新することで、svn:executable プロパティを変換します。

MIME タイプ (svn:mime-type)

GitHub Enterprise Serverは、ファイルの MIME タイププロパティ、およびそれを追加したコミットを追跡します。

バージョンのないアイテムを無視する (svn:ignore)

Subversion で無視されるようにファイルとディレクトリを設定している場合、GitHub Enterprise Server はそれらを内部的に追跡します。 Subversion のクライアントで無視されたファイルは、.gitignore ファイルのエントリとは全く別のものです。

現在サポートされていないプロパティ

現在は、GitHub Enterprise Server は、svn:externalssvn:global-ignores、カスタムプロパティ、その他上記にないプロパティをサポートしていません。

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡