ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Git Large File Storage でのコラボレーション

Git LFSを有効にすると、大容量のファイルも Git で扱う通常のファイルと同じようにフェッチ、修正、プッシュできます。 ただし、Git LFSを持っていないユーザの場合、ワークフローが異なります。

ここには以下の内容があります:

リポジトリのコラボレーターが Git LFSをインストールしていない場合、オリジナルの大容量ファイルにはアクセスできません。 リポジトリのクローンを試みた場合、ポインタファイルをフェッチするのみで、実際のデータにはアクセスできません。

ヒント: Git LFSを有効にしていないユーザに対しては、大きなファイルの扱いについて記載したリポジトリコントリビューターのためのガイドラインを設定することをお勧めします。 たとえば、大容量ファイルを修正しないように、あるいは DropboxGoogle Drive といったファイル共有サービスに変更をアップロードするように、コントリビューターに依頼するとよいでしょう。 詳しい情報については、「リポジトリコントリビューターのためのガイドラインを定める」を参照してください。

プルリクエストの大容量ファイルを表示する

GitHub Enterprise Serverは、プルリクエストの Git LFSオブジェクトを表示しません。 Only the pointer file is shown:

大容量ファイルのプルリクエスト例

ポインタファイルに関する詳しい情報については、「Git Large File Storageについて」を参照してください。

大きなファイルに加えられた変更を表示するには、プルリクエストをローカルでチェックアウトしてdiffを確認します。 詳しい情報については、「プルリクエストをローカルでチェック アウトする」を参照してください。

参考リンク

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.