ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

既存の GPG キーの確認

GPG キーを生成する前に、GPG キーがすでに存在するかどうかを確認できます。

ここには以下の内容があります:

サポートされているGPGキーのアルゴリズム

GitHub Enterprise ServerはいくつかのGPGキーアルゴリズムをサポートします。 サポートされていないアルゴリズムで生成されたキーを追加しようとすると、エラーが生じることがあります。

  • RSA
  • ElGamal
  • DSA
  • ECDH
  • ECDSA
  • EdDSA

メモ: OS X や Windows では、GPG はデフォルトではインストールされていません。 GPG コマンドラインツールをインストールするには、GnuPG のダウンロードページを参照してください。

  1. ターミナルターミナルGit Bashを開いてください。

  2. 公開鍵と秘密鍵をどちらも持っているGPGキーのリストを表示するには、 gpg --list-secret-keys --keyid-format LONGコマンドを使ってください。 コミットやタグに署名するには秘密鍵が必要です。

    $ gpg --list-secret-keys --keyid-format LONG

    ノート:LinuxのGPG環境の中には、既存のキーのリストを表示させるためにgpg2 --list-keys --keyid-format LONGとしなければならないものもあります。 この場合、git config --global gpg.program gpg2と実行してGitがgpg2を使うように設定する必要もあります。

  3. コマンドの出力結果を見て、GPG キーペアがあるか確認します。

    • GPG キーのペアが存在しないか、既存の GPG キーをコミットやタグへの署名に利用したくない場合、新しい GPG キーを作成します。
    • GPG キーのペアが存在し、そのキーをコミットやタグへの署名に利用したい場合、GPG キーを GitHub アカウントに追加します。

参考リンク

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.