ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

webhook について

インテグレーションの構築とセットアップに役立つwebhookの動作の基本を学んでください。

ここには以下の内容があります:

webhookを使うと、GitHub AppOAuth Appのような、GitHub.com上の特定のイベントをサブスクライブするインテグレーションを構築し、セットアップできます。 それらのイベントのいずれかがトリガーされると、webhookに設定されたURLにHTTP POSTペイロードが送信されます。 webhookは、外部のIssueトラッカーを更新したり、CIビルドをトリガーしたり、バックアップミラーを更新したり、さらにはプロダクションサーバーへのデプロイをしたりするのに利用できます。 想像力が及ぶかぎりのことが可能です。

webhookは、 GitHub EnterpriseOrganization、特定のリポジトリ、GitHub Appにインストールできます。 インストールされると、1つ以上のサブスクライブされたイベントが発生するたびに、webhookが送信されます。

作成できるwebhookは、それぞれのインストールターゲット(GitHub Enterprise Server のインスタンス、特定のOrganization、あるいは特定のリポジトリ)上の各イベントに対して最大250です。

イベント

When configuring a webhook, you can use the UI or API to choose which events will send you payloads. Only subscribing to the specific events you plan on handling limits the number of HTTP requests to your server. You can also subscribe to all current and future events. By default, webhooks are only subscribed to the push event. You can change the list of subscribed events anytime.

それぞれのイベントは、Organizationやリポジトリに生じうる一連のアクションに対応します。 たとえば、issuesイベントにサブスクライブしているなら、Issueのオープン、クローズ、ラベル付けなどが生じるたびに詳細なペイロードを受信することになります。

利用できるwebhookのイベントとそれらのペイロードのリストについては「webhookイベントのペイロード」を参照してください。

Pingイベント

新しいwebhookが作成されると、シンプルなpingイベントが送信され、webhookが正しくセットアップされたことを知らせます。 This event isn't stored so it isn't retrievable via the Events API endpoint.

pingイベントのwebhookのペイロードに関する詳細な情報についてはpingイベントを参照してください。

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.