ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

フォークを同期する

リポジトリのフォークを最新に保つために上流リポジトリと同期します。

上流リポジトリとフォークを同期する前に、Git で上流リポジトリをポイントするリモートの設定をする必要があります。

  1. ターミナルターミナルGit Bashを開いてください。
  2. ワーキングディレクトリをローカルプロジェクトに変更します。
  3. 上流リポジトリから、ブランチと各ブランチのコミットをフェッチします。 Commits to BRANCHNAME will be stored in the local branch upstream/BRANCHNAME.
    $ git fetch upstream
    > remote: Counting objects: 75, done.
    > remote: Compressing objects: 100% (53/53), done.
    > remote: Total 62 (delta 27), reused 44 (delta 9)
    > Unpacking objects: 100% (62/62), done.
    > From https://hostname/ORIGINAL_OWNER/ORIGINAL_REPOSITORY
    >  * [new branch]      main     -> upstream/main
  4. Check out your fork's local default branch - in this case, we use main.
    $ git checkout main
    > Switched to branch 'main'
  5. Merge the changes from the upstream default branch - in this case, upstream/main - into your local default branch. This brings your fork's default branch into sync with the upstream repository, without losing your local changes.
    $ git merge upstream/main
    > Updating a422352..5fdff0f
    > Fast-forward
    >  README                    |    9 -------
    >  README.md                 |    7 ++++++
    >  2 files changed, 7 insertions(+), 9 deletions(-)
    >  delete mode 100644 README
    >  create mode 100644 README.md
    If your local branch didn't have any unique commits, Git will instead perform a "fast-forward":
    $ git merge upstream/main
    > Updating 34e91da..16c56ad
    > Fast-forward
    >  README.md                 |    5 +++--
    >  1 file changed, 3 insertions(+), 2 deletions(-)

参考: フォークの同期は、リポジトリのローカルコピーだけをアップデートします。 your GitHub Enterprise Server instance 上のフォークをアップデートするには、変更をプッシュする必要があります。

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.