ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

外部リソースを参照する自動リンクの構成

JIRAのIssueやZendeskのチケットなど外部リソースへの自動リンクを追加して、ワークフローをスムーズにすることができます。

AutolinksはGitHub Pro、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Serverのリポジトリで利用できます。

Did this doc help you?

Anyone with admin permissions to a repository can configure autolink references to link issues, pull requests, and commit messages to external third-party services.

たとえば、ユーザから報告されたチケットをZendeskで追跡している場合は、Issueを修正するために開いたプルリクエストでチケット番号を参照できます。

  1. GitHub Enterpriseで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。
    リポジトリの設定ボタン
  3. 左のサイドバーで、[Autolink references] をクリックします。
    左サイドバーの [Autolink references] タブ
  4. [Add autolink reference] をクリックします。
    自動リンクの参照情報を入力するボタン
  5. [Reference prefix] に、コラボレータ が外部リソースへの自動リンクを生成する際に使用する短くわかりやすいプレフィックスを入力します。
    外部システムの略語を入力するフィールド
  6. [Target URL] に、リンク先の外部システムへのリンクを入力します。 参照番号の変数は<num>のままにしてください。
    外部システムへのURLを入力するフィールド
  7. [Add autolink reference] をクリックします。
    自動リンクの参照を追加するボタン

Did this doc help you?