Skip to main content

GitHub Importer でコミット作者属性を更新する

インポートの間、コミット作者の GitHub アカウントのリポジトリのコミットにマッチングできます。

GitHub Importer は、インポートしているリポジトリのコミット作者のメールアドレスにマッチする GitHub ユーザを探します。 次に、お客様は、そのメールアドレスまたは作者の GitHub ユーザ名を使って、コミットをその作者に接続することができます。

コミット作者を更新する

  1. リポジトリをインポートした後、インポート ステータス ページで [Match authors](作成者の照合) をクリックします。 [Match authors](作成者の照合) ボタン
  2. 情報を更新する作成者の横の [接続] をクリックします。 コミット作成者の一覧
  3. 作成者のメール アドレスまたは GitHub ユーザー名を入力し、Enter キーを押します。

パブリックメールアドレスのある GitHub ユーザにコミットを属させる

インポートしたリポジトリのコミットの作成者が、コミットを作成するのに使ったメール アドレスに関連付けられた GitHub アカウントを持っていて、そのコミット メール アドレスをプライベートとして設定していない場合、GitHub Importer は、コミットに関連付けられているメール アドレスを、GitHub アカウントに関連付けられているパブリック メール アドレスと照合し、そのコミットを GitHub アカウントの属性に設定します。

パブリックメールアドレスのない GitHub ユーザにコミットを属させる

インポートしたリポジトリのコミットの作成者が、GitHub プロファイルでのパブリック メール アドレスの設定も、コミット メール アドレスのプライベートとしての設定も行っていない場合、GitHub Importer は、コミットに関連付けられているメール アドレスを GitHub アカウントと照合できない場合があります。

このことを、コミット作者はメールアドレスをプライベートに設定することで解決できます。 その場合、コミットは <username>@users.noreply.github.com の属性になり、インポートされたコミットは GitHub アカウントに関連付けられます。

メールアドレスを使ったコミットの属性付け

作成者のメール アドレスが GitHub アカウントに関連付けられていない場合、インポートの後で、作成者はアカウントにアドレスを追加することができ、コミットの属性は正しく設定されます。

作者が GitHub アカウントを所有していない場合、GitHub Importer は、コミットをコミットに関連するメールアドレスに属性付けできます。

参考資料