webhookのテスト

GitHub で webhook のデリバリを確認します。これには、HTTP リクエストとペイロード、およびレスポンスが含まれます。

ローカルサーバーを設定したら、次にコードを制限までプッシュしてみることができます。 そのために、GitHub の webhook ビューは、デプロイされたペイロードをテストするためのツールを提供しています。

最近のデリバリの一覧表示

すべての webhook には独自の [Recent Deliveries] (最近のデリバリ) セクションがあり、デリバリの成功(緑色のチェック)や失敗(赤色の x)が一目でわかります。 また、各デリバリの試行時期を特定することもできます。

GitHub は、各 webhook デリバリのログを 30 日間保持します。

[Recent Deliveries] ビュー

結果を詳しく確認する

個別のデリバリを展開すると、GitHub がサーバーに送信しようとしている情報を正確に確認できます。 これには、HTTP リクエストとレスポンスの両方が含まれます。

リクエスト

webhook デリバリ ビューには、GitHub によって送信されたヘッダに関する情報が表示されます。 これには、JSON ペイロードに関する詳細も含まれています。

ペイロードリクエストの表示

レスポンス

[Response] タブには、サーバーが GitHub からペイロードを受信した後の応答方法が一覧表示されます。 これには、ステータスコード、ヘッダ、およびレスポンス本文内の追加データが含まれます。

ペイロードレスポンスの表示

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?