ja ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

webhookのテスト

GitHub で webhook のデリバリを確認します。これには、HTTP リクエストとペイロード、およびレスポンスが含まれます。

ここには以下の内容があります:

ローカルサーバーを設定したら、次にコードを制限までプッシュしてみることができます。 そのために、GitHub の webhook ビューは、デプロイされたペイロードをテストするためのツールを提供しています。

最近のデリバリの一覧表示

すべての webhook には独自の [Recent Deliveries] (最近のデリバリ) セクションがあり、デリバリの成功(緑色のチェック)や失敗(赤色の x)が一目でわかります。 また、各デリバリの試行時期を特定することもできます。

GitHub は、各 webhook デリバリのログを 30 日間保持します。

[Recent Deliveries] ビュー

結果を詳しく確認する

個別のデリバリを展開すると、GitHub がサーバーに送信しようとしている情報を正確に確認できます。 これには、HTTP リクエストとレスポンスの両方が含まれます。

リクエスト

webhook デリバリ ビューには、GitHub によって送信されたヘッダに関する情報が表示されます。 これには、JSON ペイロードに関する詳細も含まれています。

ペイロードリクエストの表示

レスポンス

[Response] タブには、サーバーが GitHub からペイロードを受信した後の応答方法が一覧表示されます。 これには、ステータスコード、ヘッダ、およびレスポンス本文内の追加データが含まれます。

ペイロードレスポンスの表示

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.