Skip to main content

Dependabot アラートの表示と更新

GitHub がプロジェクト内の安全ではない依存関係を発見した場合は、詳細をリポジトリの [Dependabot アラート] タブで確認できます。 その後、プロジェクトを更新してこのアラートを解決することができます。

Who can use this feature?

Repository administrators, organization owners, and people with write or maintain access to a repository can view and update dependencies, as well as users and teams with explicit access.

リポジトリの [Dependabot alerts] タブには、オープンおよびクローズされたすべての Dependabot alerts および対応する Dependabot security updates が一覧表示されます。 パッケージ、エコシステム、マニフェストでアラートをフィルター処理できます。 アラートの一覧を並べ替えたり、特定のアラートをクリックしてその詳細を表示したりできます。 アラートを 1 つずつ、または一度に複数のアラートを無視したり、もう一度開いたりすることもできます。 詳しくは、「Dependabot アラートについて」をご覧ください。

Dependabot alerts と依存関係グラフを使用するリポジトリの自動セキュリティ更新を有効にすることができます。 詳しくは、「Dependabot のセキュリティ アップデート」を参照してください。

リポジトリ内の脆弱性のある依存関係の更新について

コードベースのデフォルトブランチで既知のセキュリティ リスクのある依存関係が検出されると、GitHub によって Dependabot alerts が生成されます。 Dependabot security updates が有効になっているリポジトリの場合、GitHub がデフォルトのブランチで脆弱性のある依存関係を検出すると、Dependabot はそれを修正するためのプルリクエストを作成します。 プルリクエストは、脆弱性を回避するために必要最低限の安全なバージョンに依存関係をアップグレードします。

Dependabot では、マルウェアに対する Dependabot alertsは生成されません。 詳しくは、「GitHub Advisory Database について」を参照してください。

各 Dependabot アラートには一意の数値識別子があり、[Dependabot alerts] タブには、検出された各脆弱性に対するアラートが一覧表示されます。 従来の Dependabot alertsでは、依存関係ごとに脆弱性がグループ化され、依存関係ごとに 1 つのアラートが生成されていました。 従来の Dependabot アラートに移動すると、そのパッケージに対してフィルター処理された [Dependabot alerts] タブにリダイレクトされます。

ユーザー インターフェイスで使用できるさまざまなフィルターと並べ替えオプションを使って、Dependabot alerts をフィルター処理して並べ替えることができます。 詳しい情報については、以下の「Dependabot alertsの優先順位付け」を参照してください。

Dependabot アラートに応答するために行われたアクションを監査することもできます。 詳しくは、「セキュリティ アラートの監査」を参照してください。

Dependabot alertsの優先順位付け

GitHub は、Dependabot alertsの修正の優先順位を付けるのに役立ちます。 既定では、Dependabot alertsは重要度で並べ替えられています。 "最重要" 並べ替え順序は、最初に注目する Dependabot alertsの優先順位を付けるのに役立ちます。 アラートは、潜在的な影響、実用性、関連性に基づいてランク付けされます。 Github の優先順位付けの計算は常に改善されており、CVSS スコア、依存関係スコープ、アラートに対して脆弱な関数呼び出しが見つかるかどうかなどの要因が含まれています。 Dependabot alerts に優先順位をつけるための Dependabot 自動トリアージ ルール も使用できます。 詳しくは、「Dependabot 自動トリアージ ルールについて」をご覧ください。

検索バーにフィルターを key:value ペアとして入力すると、Dependabot alerts を並べ替えたりフィルター処理したりすることができます。

オプション説明設定
ecosystem選んだエコシステムのアラートを表示しますecosystem:npm を使用して npm の Dependabot alerts を表示します
has選んだフィルター条件を満たすアラートを表示しますhas:patch を使用してパッチを持つアドバイザリに関するアラートを表示します。
has:vulnerable-calls を使用して、脆弱な関数の呼び出しに関するアラートを表示します
is状態に基づいてアラートを表示しますis:open を使用して、開いているアラートを表示します
manifest選んだマニフェストのアラートを表示しますmanifest:webwolf/pom.xml を使用して、Webwolf アプリケーションの pom.xml ファイルにアラートを表示します
package選んだパッケージのアラートを表示しますpackage:django を使用して、django のアラートを表示します
resolution選んだ解決状態のアラートを表示しますresolution:no-bandwidth を使用して、リソースまたは修正時間が足りなかったために以前にパークされたアラートを表示します
repo関連するリポジトリに基づいてアラートを表示します
このフィルターは、セキュリティの概要でのみ使用できる点にご注意ください。 詳しくは、「セキュリティの概要について」をご覧ください
repo:octocat-repo を使用して、呼び出された octocat-repo リポジトリにアラートを表示します。
scope関連する依存関係のスコープに基づいてアラートを表示しますscope:development を使用して、開発中にのみ使用される依存関係のアラートを表示します
severity重大度のレベルに基づいてアラートを表示しますseverity:high を使用して、重大度が高いアラートを表示します
sort選んだ並べ替え順序に従ってアラートを表示しますアラートの既定の並べ替えオプションは sort:most-important であり、重要度でアラートが優先度付けされます
sort:newest を使用して、Dependabot によって報告された最新のアラートを表示します

検索バーで使用できるフィルターに加えて、アラート一覧の上部にあるドロップダウン メニューを使用して、Dependabot alertsを並べ替えたりフィルター処理したりできます。 または、ラベルでフィルター処理する場合、アラートに割り当てられているラベルをクリックすると、そのフィルターがアラート一覧に自動的に適用されます。

検索バーでは、アラートと関連するセキュリティ アドバイザリのフルテキスト検索も可能です。 セキュリティ アドバイザリの名前または説明の一部を検索して、そのセキュリティ アドバイザリに関連するリポジトリのアラートを返すことができます。 たとえば、yaml.load() API could execute arbitrary code の検索では、アドバイザリの説明に検索文字列が表示されるので、"PyYAML によって安全でない方法で YAML 文字列が逆シリアル化され、任意のコード実行につながります" にリンクされた Dependabot alertsが返されます。

[Dependabot alerts] タブのフィルターと並べ替えメニューのスクリーンショット。

依存関係スコープでサポートされるエコシステムとマニフェスト

次の表は、依存関係スコープがさまざまなエコシステムとマニフェストでサポートされているかどうか、つまり、Dependabot で依存関係が開発または生産に使われていることを識別できるかどうかまとめたものです。

Languageエコシステムマニフェスト ファイル依存関係スコープがサポートされている
Dartpubpubspec.yaml
Dartpubpubspec.lock
GoGo モジュールgo.modいいえ、ランタイムにデフォルトします
JavaMavenpom.xml test は開発にマッピングされます。その他の場合はランタイムにデフォルトします
JavaScriptnpmpackage.json
JavaScriptnpmpackage-lock.json
JavaScriptnpmpnpm-lock.yaml
JavaScriptyarn v1yarn.lockいいえ、ランタイムにデフォルトします
PHPComposercomposer.json
PHPComposercomposer.lock
PythonPoetrypoetry.lock
PythonPoetrypyproject.toml
Pythonpiprequirements.txt スコープは testdev がファイル名に含まれている場合は開発となり、その他の場合はランタイムとなります
Pythonpippipfile.lock
Pythonpippipfile
RubyRubyGemsGemfile
RubyRubyGemsGemfile.lockいいえ、ランタイムにデフォルトします
RustCargoCargo.toml
RustCargoCargo.lockいいえ、ランタイムにデフォルトします
YAMLGitHub Actions-いいえ、ランタイムにデフォルトします
.NET (C#, F#, VB, etc.)NuGet.csproj / .vbproj .vcxproj / .fsprojいいえ、ランタイムにデフォルトします
.NETNuGetpackages.configいいえ、ランタイムにデフォルトします
.NETNuGet.nuspec tag != runtime である場合

開発時の依存関係として一覧表示されるパッケージに対するアラートは、Dependabot alerts ページに Development ラベルでマークされて表示され、scope フィルターでフィルター処理することもできます。

アラートの一覧のアラートに割り当てられた "開発" ラベルを示すスクリーンショット。 ラベルは濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

開発スコープ パッケージに対するアラートのアラート詳細ページには、Development ラベルを含む [タグ] セクションが表示されます。

アラート詳細ページの [タグ] セクションを示すスクリーンショット。 ラベルは濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

脆弱性のある関数の呼び出しの検出について

注:

  • Dependabot による脆弱な関数の呼び出しの検出はベータ版であり、変更される場合があります。
  • パブリック リポジトリで脆弱な呼び出しの検出が有効になっています。 また、この分析は、GitHub Enterprise Cloud を使い、GitHub Advanced Security のライセンスを持つ組織が所有するプライベート リポジトリでも使用できます。 詳しくは、「GitHub Advanced Security について」を参照してください。

Dependabot により、リポジトリで脆弱性のある依存関係を使用していることが示される場合は、脆弱性のある関数が何であるかを判断し、それらを使用しているかどうかを確認する必要があります。 この情報を取得したら、セキュリティで保護されたバージョンの依存関係へのアップグレードをどの程度早急に行う必要があるかを判断できます。

サポートされている言語では、Dependabot により、脆弱性のある関数を使用しているかどうかが自動的に検出され、影響を受けるアラートに "脆弱性のある呼び出し" というラベルが追加されます。 Dependabot alerts ビューでこの情報を使用して、修復作業をより効果的にトリアージし、優先順位を付けることができます。

メモ: ベータ リリース中、この機能は、2022 年 4 月 14 日 より後 に作成された新しい Python アドバイザリと、履歴 Python アドバイザリのサブセットでのみ使用できます。 GitHub では、追加の履歴 Python アドバイザリ間でデータをバックフィルする作業を行っています。このアドバイザリは、ローリング ベースで追加されます。 脆弱性のある呼び出しは、Dependabot alerts ページでのみ強調表示されます。

"脆弱性のある呼び出し" ラベルを持つアラートを示すスクリーンショット。 ラベルがオレンジ色で囲まれています。

検索フィールドで has:vulnerable-calls フィルターを使用して、Dependabot で脆弱性のある関数の呼び出しが少なくとも 1 回検出されたアラートのみを表示するように、ビューをフィルター処理できます。

脆弱性のある呼び出しが検出されたアラートについて、アラートの詳細ページに追加情報が表示されます。

  • 関数が使用される場所を示す 1 つ以上のコード ブロック。
  • 関数自体を一覧表示する注釈。関数が呼び出される行へのリンクを含みます。

"脆弱な呼び出し" というラベルの付いた Dependabot アラートのスクリーンショット。 "脆弱な関数が呼び出されました" とあるコード ブロックと、"影響を受けたリポジトリを全部ご確認ください" というタイトルの付いたリンクが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

詳しい情報については、以下の「アラートの確認と修正」を参照してください。

Dependabot alerts の表示

リポジトリの Dependabot alerts タブでは、オープンおよびクローズされたすべての Dependabot alerts とそれに対応する Dependabot security updates を表示できます。ドロップダウン メニューからフィルターを選択することで、Dependabot alerts を並べ替えてフィルタリングできます。

  1. GitHub.com で、リポジトリのメイン ページへ移動します。

  2. リポジトリ名の下にある [ セキュリティ] をクリックします。 [セキュリティ] タブが表示されない場合は、 [] ドロップダウン メニューを選び、 [セキュリティ] をクリックします。 タブを示すリポジトリ ヘッダーのスクリーンショット。 [セキュリティ] タブが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  3. セキュリティの概要の [脆弱性アラート] サイド バーで、 [Dependabot] をクリックします。 このオプションがない場合は、セキュリティ アラートにアクセスできないため、アクセス権を付与する必要があることを意味します。 詳細については、「リポジトリのセキュリティと分析設定を管理する」を参照してください。

    セキュリティの概要のスクリーンショット。[Dependabot] タブが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  4. 必要に応じて、アラートをフィルター処理するには、ドロップダウン メニューでフィルターを選び、適用するフィルターをクリックします。 検索バーにフィルターを入力することもできます。 または、ラベルでフィルター処理する場合、アラートに割り当てられているラベルをクリックすると、そのフィルターがアラート一覧に自動的に適用されます。アラートのフィルター処理と並べ替えについて詳しくは、「Dependabot alertsの優先順位付け」を参照してください。 [Dependabot alerts] タブのフィルターと並べ替えメニューのスクリーンショット。

  5. 表示するアラートをクリックします。

  6. 必要に応じて、関連するセキュリティ アドバイザリの改善を提案するには、アラート詳細ページの右側にある [GitHub Advisory Database でこのアドバイザリの改善を提案する] をクリックします。 詳しくは、「GitHub Advisory Database でのセキュリティ アドバイザリの編集」を参照してください。

    Dependabot アラートの右側のサイドバーのスクリーンショット。 "GitHub Advisory Database に関する警告の改善をご提案ください" というタイトルのリンクがオレンジ色の枠線で強調表示されています。

アラートの確認と修正

すべての依存関係にセキュリティ上の弱点がないことを確認することが重要です。 Dependabot で依存関係の脆弱性が検出された場合は、プロジェクトの露出レベルを評価し、アプリケーションをセキュリティで保護するために実行する修復手順を決定する必要があります。

依存関係の修正プログラムが適用されたバージョンを利用できる場合は、Dependabot pull request を生成して、Dependabot アラートからこの依存関係を直接更新できます。 Dependabot security updatesが有効になっている場合は、Dependabot アラートで Pull Request がリンクされている可能性があります。

修正プログラムが適用されたバージョンが利用できない場合や、セキュリティで保護されたバージョンに更新できない場合は、Dependabot によって追加情報が共有され、次の手順を決定できます。 Dependabot アラートをクリックして表示すると、影響を受ける関数を含め、依存関係に関するセキュリティ アドバイザリの詳細情報を確認できます。 これにより、自分のコードが、影響を受ける関数を呼び出すかどうかを確認できます。 この情報は、リスク レベルをさらに厳密に評価し、回避策を決定したり、セキュリティ アドバイザリによって表されるリスクを受け入れられるかどうかを判断したりするのに役立ちます。

サポートされている言語では、Dependabot によって脆弱性のある関数の呼び出しが検出されます。 "脆弱性のある呼び出し" ラベルを持つアラートを表示すると、詳細情報には関数の名前と、それを呼び出すコードへのリンクが含まれます。 多くの場合、さらに詳細を確認せずに、この情報に基づいて決定を下すことができます。

脆弱性のある依存関係を修正する

  1. アラートの詳細を表示します。 詳しい情報については、「Dependabot alerts の表示」 (上記) を参照してください。

  2. Dependabot security updatesが有効になっている場合は、依存関係を修正する Pull Request へのリンクが存在する可能性があります。 または、アラートの詳細ページの上部にある [Dependabot セキュリティ更新プログラムを作成する] をクリックして Pull Request を作成することもできます。

    Dependabot アラートのスクリーンショット。[Dependabot セキュリティ更新プログラムの作成] ボタンが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  3. Dependabot security updatesを使用しない場合は、必要に応じて、ページの情報を使用してアップグレード先の依存関係のバージョンを決定し、セキュリティで保護されたバージョンに依存関係を更新する Pull Request を作成することができます。

  4. 依存関係を更新して脆弱性を解決する準備ができたら、プルリクエストをマージしてください。

Dependabot によって発行される各 pull request には、Dependabot の制御に使用できるコマンドの情報が含まれています。 詳しくは、「依存関係の更新に関するPull Requestを管理する」を参照してください。

Dependabot alertsを無視する

ヒント: 無視できるのは、オープン アラートのみです。

依存関係をアップグレードするための広範な作業をスケジュールする場合や、アラートを修正する必要がないと判断した場合は、アラートを無視できます。 既に評価済みのアラートを無視すると、新しいアラートが表示されたときに簡単にトリアージできます。

  1. アラートの詳細を表示します。 詳細については、「脆弱性のある依存関係を表示する」(上記) を参照してください。

  2. [無視] ドロップダウンを選び、アラートを無視する理由をクリックします。 無視された未修正のアラートは、後でもう一度開くことができます。 1. 必要に応じて、無視のコメントを追加します。 無視のコメントはアラート タイムラインに追加され、監査と報告の間に正当な理由として使用できます。 GraphQL API を使用して、コメントを取得または設定できます。 コメントは dismissComment フィールドに含まれています。 詳しくは、GraphQL API ドキュメントの「オブジェクト」を参照してください。

    Dependabot アラートのページのスクリーンショット。[無視] ドロップダウンと、無視コメント追加のオプションが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  3. [アラートを無視] をクリックします。

複数のアラートを一度に却下する

  1. オープンの Dependabot alerts を表示します。 詳しくは、「Dependabot アラートの表示と更新」をご覧ください。
  2. 必要に応じて、ドロップダウン メニューを選び、適用するフィルターをクリックして、アラートの一覧をフィルター処理します。 検索バーにフィルターを入力することもできます。
  3. 各アラートのタイトルの左側で、無視するアラートを選びます。 Dependabot alerts ビューのスクリーンショット。 2 つのアラートが選択されており、これらのチェック ボックスがオレンジ色の枠線で強調表示されています。
  4. 必要に応じて、アラートの一覧の上部で、ページ上のすべてのアラートを選びます。 Dependabot alerts ビューのヘッダー セクションのスクリーンショット。 [すべて選択] チェックボックスが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。
  5. [アラートを無視する] ドロップダウンを選び、アラートを無視する理由をクリックします。 アラートのリストのスクリーンショット。 [アラートを無視する] ボタンの下に、[無視する理由を選択する] というラベルのドロップダウンが展開されています。 ドロップダウンには、さまざまなオプションのラジオ ボタンが含まれています。

クローズされたアラートの表示と更新

開いているすべてのアラートを表示し、以前に却下したアラートをもう一度開くことができます。 既に修復済みのクローズされたアラートをもう一度開くことはできません。

  1. GitHub.com で、リポジトリのメイン ページへ移動します。

  2. リポジトリ名の下にある [ セキュリティ] をクリックします。 [セキュリティ] タブが表示されない場合は、 [] ドロップダウン メニューを選び、 [セキュリティ] をクリックします。 タブを示すリポジトリ ヘッダーのスクリーンショット。 [セキュリティ] タブが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  3. セキュリティの概要の [脆弱性アラート] サイド バーで、 [Dependabot] をクリックします。 このオプションがない場合は、セキュリティ アラートにアクセスできないため、アクセス権を付与する必要があることを意味します。 詳細については、「リポジトリのセキュリティと分析設定を管理する」を参照してください。

    セキュリティの概要のスクリーンショット。[Dependabot] タブが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  4. クローズされたアラートのみを表示するには、 [Closed] をクリックします。 Dependabot alerts の一覧を示すスクリーンショット。[解決済み] タブが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  5. 表示または更新するアラートをクリックします。

  6. 必要に応じて、却下されたアラートを再度開く場合は、 [Reopen] をクリックします。 既に修正されたアラートをもう一度開くことはできません。

    クローズされた Dependabot アラートのスクリーンショット。 "もう一度開く" というタイトルのボタンが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

一度に複数のアラートをもう一度開く

  1. クローズされた Dependabot alerts を表示します。 詳しくは、(上の) 「Dependabot アラートの表示と更新」をご覧ください。
  2. 各アラート タイトルの左で、各アラートの隣にあるチェックボックスをクリックし、再開するアラートを選びます。
  3. 必要に応じて、アラートの一覧の上部で、ページ上のすべてのクローズされたアラートを選びます。 [解決済み] タブのアラートのスクリーンショット。[すべて選択] チェックボックスが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。
  4. [再度開く] をクリックして、アラートをもう一度開きます。 既に修正されたアラートをもう一度開くことはできません。

Dependabot alerts の監査ログの確認

組織のメンバーが Dependabot alerts に関連するアクションを実行した場合は、監査ログでそのアクションを確認できます。 ログにアクセスする方法については、「組織の Audit log をレビューする 」をご覧ください。

Dependabot アラートを示す監査ログのスクリーンショット。

Dependabot alerts に関する監査ログのイベントには、だれがアクションを実行したか、何のアクションか、いつアクションを実行したか、などの詳細が含まれます。 イベントには、アラート自体へのリンクも含まれます。 組織のメンバーがアラートを無視すると、イベントには無視の理由とコメントが表示されます。Dependabot alerts アクションについて詳しくは、「組織の監査ログ イベント」の repository_vulnerability_alert カテゴリを参照してください。