Skip to main content

GitHub ホステッド ランナーのカスタマイズ

ワークフローの一部として、GitHub でホストされるランナーに追加のソフトウェアをインストールできます。

GitHub ホステッド ランナーに追加のソフトウェア パッケージが必要な場合は、ワークフローの一部としてパッケージをインストールするジョブを作成できます。

既定で既にインストールされているパッケージを確認するには、「プレインストールされたソフトウェア」を参照してください。

このガイドでは、GitHub ホステッド ランナーに追加のソフトウェアをインストールするジョブを作成する方法について説明します。

Ubuntu ランナーへのソフトウェアのインストール

次の例では、ジョブの一部として apt パッケージをインストールする方法を示します。

name: Build on Ubuntu
on: push

jobs:
  build:
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
      - name: Check out repository code
        uses: actions/checkout@v3
      - name: Install jq tool
        run: |
          sudo apt-get update
          sudo apt-get install jq

注: パッケージをインストールする前に sudo apt-get update を常に実行してください。 apt インデックスが古い場合、このコマンドは使用可能なパッケージをフェッチしてインデックスを再作成します。これにより、パッケージのインストール エラーを防ぐことができます。

macOS ランナーへのソフトウェアのインストール

次の例では、ジョブの一部として Brew パッケージと cask をインストールする方法を示します。

name: Build on macOS
on: push

jobs:
  build:
    runs-on: macos-latest
    steps:
      - name: Check out repository code
        uses: actions/checkout@v3
      - name: Install GitHub CLI
        run: |
          brew update
          brew install gh
      - name: Install Microsoft Edge
        run: |
          brew update
          brew install --cask microsoft-edge

Windows ランナーへのソフトウェアのインストール

次の例では、Chocolatey を使用して、ジョブの一部として GitHub CLI をインストールする方法を示します。

name: Build on Windows
on: push
jobs:
  build:
    runs-on: windows-latest
    steps:
      - run: choco install gh
      - run: gh version