ja ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

自己ホストランナーの追加

GitHub Actionsにセルフホストランナーを追加できます。

ここには以下の内容があります:

GitHub Actionsにセルフホストランナーを追加できます。

If you are an organization or enterprise administrator, you might want to add your self-hosted runners at the organization or enterprise level. This approach makes the runner available to multiple repositories in your organization or enterprise, and also lets you to manage your runners in one place.

セルフホストランナーでサポートされているオペレーティングシステム、あるいはプロキシサーバーとセルフホストランナーを使う方法に関する情報については、「セルフホストランナーについて」を参照してください。

警告: パブリックリポジトリでは、セルフホストランナーを使わないことをおすすめします。

パブリックリポジトリのフォークでは、ワークフロー中のコードを実行するプルリクエストが作成されると、セルフホストランナー上で危険なコードが実行される可能性があります。

詳しい情報については「セルフホストランナーについて」を参照してください。

リポジトリへのセルフホストランナーの追加

単一のリポジトリにセルフホストランナーを追加できます。 セルフホストランナーをユーザのリポジトリに追加するには、リポジトリのオーナーでなければなりません。 Organizationのリポジトリの場合は、Organizationのオーナーであるか、そのリポジトリの管理アクセスを持っていなければなりません。

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。

  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。

    リポジトリの設定ボタン

  3. サイドバーでActions(アクション)をクリックしてください。

    アクションの設定

  4. [Self-hosted runners] で、[Add runner] をクリックします。

  5. 使用するセルフホストランナーマシンのオペレーティングシステムとアーキテクチャを選択してください。

    セルフホストランナーのオペレーティングシステムの選択

  6. ランナーアプリケーションをダウンロードして、使用するセルフホストランナーのマシンにインストールする方法が表示されます。

    セルフホストランナーのマシンでシェルを開き、表示順に従ってシェルコマンドを実行してください。

    ノート: Windowsでは、セルフホストランナーアプリケーションをサービスとしてインストールしたいのなら、シェルを管理者権限でオープンしなければなりません。 また、C:\actions-runnerをセルフホストランナーアプリケーションのためのディレクトリとして利用し、Windowsのシステムアカウントがランナーディレクトリにアクセスできるようにすることをおすすめします。

    この指示に従えば、以下のタスクが完了します。

    • セルフホストランナーアプリケーションのダウンロードと展開。
    • configスクリプトを実行してセルフホストランナーアプリケーションを設定し、GitHub Actionsに登録します。 configスクリプトには、登録先のURLと、リクエストを認証してもらうための自動的に生成された時間限定のあるトークンが必要です。
      • Windowsでは、configスクリプトはセルフホストランナーをサービスとしてインストールするかも聞いてきます。 LinuxとmacOSでは、ランナーの追加を終えた後にサービスをインストールできます。 詳しい情報については「サービスとしてセルフホストランナーを構成する」を参照してください。
    • セルフホストランナーアプリケーションを実行して、マシンをGitHub Actionsに接続します。

セルフホストランナーの追加に成功したことの確認

セルフホストランナーを追加するステップを完了したら、「Self-hosted runners(セルフホストランナー)」の下のリストにランナーとそのステータスが表示されます。

ジョブをランナーが受け付けるためには、セルフホストランナーアプリケーションが動作していなければなりません。 ランナーアプリケーションがGitHubに接続してジョブの受信準備ができたなら、以下のメッセージがマシンのターミナルに表示されます。

√ Connected to GitHub

2019-10-24 05:45:56Z: Listening for Jobs

詳しい情報については「セルフホストランナーのモニタリングとトラブルシューティング」を参照してください。

Organizationへのセルフホストランナーの追加

セルフホストランナーをOrganizationのレベルで追加し、Organization内の複数のリポジトリのジョブを処理するために使うことができます。 Organizationにセルフホストランナーを追加するには、Organizationのオーナーでなければなりません。

  1. GitHubで、Organizationのメインページにアクセスしてください。

  2. Organization名の下で、Settings(設定)をクリックしてください。

    Organizationの設定ボタン

  3. サイドバーでActions(アクション)をクリックしてください。

    アクションの設定

  4. [Self-hosted runners] で [Add new] をクリックし、[New runner] をクリックします。

  5. 使用するセルフホストランナーマシンのオペレーティングシステムとアーキテクチャを選択してください。

    セルフホストランナーのオペレーティングシステムの選択

  6. ランナーアプリケーションをダウンロードして、使用するセルフホストランナーのマシンにインストールする方法が表示されます。

    セルフホストランナーのマシンでシェルを開き、表示順に従ってシェルコマンドを実行してください。

    ノート: Windowsでは、セルフホストランナーアプリケーションをサービスとしてインストールしたいのなら、シェルを管理者権限でオープンしなければなりません。 また、C:\actions-runnerをセルフホストランナーアプリケーションのためのディレクトリとして利用し、Windowsのシステムアカウントがランナーディレクトリにアクセスできるようにすることをおすすめします。

    この指示に従えば、以下のタスクが完了します。

    • セルフホストランナーアプリケーションのダウンロードと展開。
    • configスクリプトを実行してセルフホストランナーアプリケーションを設定し、GitHub Actionsに登録します。 configスクリプトには、登録先のURLと、リクエストを認証してもらうための自動的に生成された時間限定のあるトークンが必要です。
      • Windowsでは、configスクリプトはセルフホストランナーをサービスとしてインストールするかも聞いてきます。 LinuxとmacOSでは、ランナーの追加を終えた後にサービスをインストールできます。 詳しい情報については「サービスとしてセルフホストランナーを構成する」を参照してください。
    • セルフホストランナーアプリケーションを実行して、マシンをGitHub Actionsに接続します。

セルフホストランナーの追加に成功したことの確認

セルフホストランナーを追加するステップを完了したら、「Self-hosted runners(セルフホストランナー)」の下のリストにランナーとそのステータスが表示されます。

ジョブをランナーが受け付けるためには、セルフホストランナーアプリケーションが動作していなければなりません。 ランナーアプリケーションがGitHubに接続してジョブの受信準備ができたなら、以下のメッセージがマシンのターミナルに表示されます。

√ Connected to GitHub

2019-10-24 05:45:56Z: Listening for Jobs

詳しい情報については「セルフホストランナーのモニタリングとトラブルシューティング」を参照してください。

Note: For security reasons, public repositories can't use runners in a runner group by default, but you can override this in the runner group's settings. 詳しい情報については、「グループを使用したセルフホストランナーへのアクセスを管理する」を参照してください。

セルフホストランナーを Enterprise に追加する

セルフホストランナーを Enterprise に追加して、複数の Organization に割り当てることができます。 Organization の管理者は、そのリポジトリの使用対象を制御できます。

セルフホストランナーを Enterprise アカウントに追加するには、Enterprise のオーナーである必要があります。

  1. In the top-right corner of GitHub, click your profile photo, then click Your enterprises.

    "Your enterprises" in drop-down menu for profile photo on GitHub

  2. In the list of enterprises, click the enterprise you want to view.

    Name of an enterprise in list of your enterprises

  3. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Policies(ポリシー)をクリックしてください。

    Enterpriseアカウントサイドバー内のポリシータブ

  4. Under " Policies", click Actions.

  5. [Self-hosted runners] タブをクリックします。

  6. [Add new] をクリックし、[New runner] をクリックします。 新しいランナーがデフォルトグループに割り当てられます。 ランナーを登録した後、ランナーのグループを変更できます。 詳しい情報については、「セルフホストランナーへのアクセスを管理する」を参照してください。

  7. 使用するセルフホストランナーマシンのオペレーティングシステムとアーキテクチャを選択してください。

    セルフホストランナーのオペレーティングシステムの選択

  8. ランナーアプリケーションをダウンロードして、使用するセルフホストランナーのマシンにインストールする方法が表示されます。

    セルフホストランナーのマシンでシェルを開き、表示順に従ってシェルコマンドを実行してください。

    ノート: Windowsでは、セルフホストランナーアプリケーションをサービスとしてインストールしたいのなら、シェルを管理者権限でオープンしなければなりません。 また、C:\actions-runnerをセルフホストランナーアプリケーションのためのディレクトリとして利用し、Windowsのシステムアカウントがランナーディレクトリにアクセスできるようにすることをおすすめします。

    この指示に従えば、以下のタスクが完了します。

    • セルフホストランナーアプリケーションのダウンロードと展開。
    • configスクリプトを実行してセルフホストランナーアプリケーションを設定し、GitHub Actionsに登録します。 configスクリプトには、登録先のURLと、リクエストを認証してもらうための自動的に生成された時間限定のあるトークンが必要です。
      • Windowsでは、configスクリプトはセルフホストランナーをサービスとしてインストールするかも聞いてきます。 LinuxとmacOSでは、ランナーの追加を終えた後にサービスをインストールできます。 詳しい情報については「サービスとしてセルフホストランナーを構成する」を参照してください。
    • セルフホストランナーアプリケーションを実行して、マシンをGitHub Actionsに接続します。

セルフホストランナーの追加に成功したことの確認

セルフホストランナーを追加するステップを完了したら、「Self-hosted runners(セルフホストランナー)」の下のリストにランナーとそのステータスが表示されます。

ジョブをランナーが受け付けるためには、セルフホストランナーアプリケーションが動作していなければなりません。 ランナーアプリケーションがGitHubに接続してジョブの受信準備ができたなら、以下のメッセージがマシンのターミナルに表示されます。

√ Connected to GitHub

2019-10-24 05:45:56Z: Listening for Jobs

詳しい情報については「セルフホストランナーのモニタリングとトラブルシューティング」を参照してください。

Note: For security reasons, public repositories can't use runners in a runner group by default, but you can override this in the runner group's settings. 詳しい情報については、「グループを使用したセルフホストランナーへのアクセスを管理する」を参照してください。

Making enterprise runners available to repositories

By default, runners in an enterprise's "Default" self-hosted runner group are available to all organizations in the enterprise, but are not available to all repositories in each organization.

To make an enterprise-level self-hosted runner group available to an organization repository, you might need to change the organization's inherited settings for the runner group to make the runner available to repositories in the organization.

For more information on changing runner group access settings, see "Managing access to self-hosted runners using groups."

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.