Skip to main content

Adding self-hosted runners

You can add a self-hosted runner to a repository, an organization, or an enterprise.

You can add a self-hosted runner to a repository, an organization, or an enterprise.

If you are an organization or enterprise administrator, you might want to add your self-hosted runners at the organization or enterprise level. This approach makes the runner available to multiple repositories in your organization or enterprise, and also lets you to manage your runners in one place.

For information on supported operating systems for self-hosted runners, or using self-hosted runners with a proxy server, see "About self-hosted runners."

Warning: セルフホストランナーは、プライベートリポジトリでのみ利用することをおすすめします。 これは、ワークフロー内でコードを実行する pull request を作成することで、パブリック リポジトリのフォークによって、セルフホステッド ランナー マシン上で危険なコードが実行される可能性があるからです。

For more information, see "About self-hosted runners."

You can set up automation to scale the number of self-hosted runners. For more information, see "Autoscaling with self-hosted runners."

Prerequisites

Adding a self-hosted runner to a repository

You can add self-hosted runners to a single repository. To add a self-hosted runner to a user repository, you must be the repository owner. For an organization repository, you must be an organization owner or have admin access to the repository. For information about how to add a self-hosted runner with the REST API, see "Self-hosted runners."

  1. On GitHub.com, navigate to the main page of the repository.

  2. リポジトリ名の下の [ 設定] をクリックします。 リポジトリの設定ボタン

  3. In the left sidebar, click Actions, then click Runners.

  4. Click New self-hosted runner.

  5. 使用するセルフホスト ランナー マシンのオペレーティング システム イメージとアーキテクチャを選択します。

  6. ランナーアプリケーションをダウンロードして、使用するセルフホストランナーのマシンにインストールする方法が表示されます。

    セルフホストランナーのマシンでシェルを開き、表示順に従ってシェルコマンドを実行してください。

    注: Windows で、セルフホスト ランナー アプリケーションをサービスとしてインストールする場合は、シェルを管理者権限でオープンしなければなりません。 また、C:\actions-runner をセルフホスト ランナー アプリケーション用のディレクトリとして使用し、Windows のシステム アカウントでランナー ディレクトリにアクセスできるようにすることをお勧めします。

    この指示に従えば、以下のタスクが完了します。

    • セルフホストランナーアプリケーションのダウンロードと展開。
    • config スクリプトを実行してセルフホスト ランナー アプリケーションを設定し、GitHub Actions に登録します。 config スクリプトには、登録先の URL と、リクエストを認証してもらうための自動的に生成された時間制限付きのトークンが必要です。
    • セルフホストランナーアプリケーションを実行して、マシンをGitHub Actionsに接続します。

Checking that your self-hosted runner was successfully added

After completing the steps to add a self-hosted runner, the runner and its status are now listed under "Runners".

The self-hosted runner application must be active for the runner to accept jobs. When the runner application is connected to GitHub and ready to receive jobs, you will see the following message on the machine's terminal.

√ Connected to GitHub

2019-10-24 05:45:56Z: Listening for Jobs

For more information, see "Monitoring and troubleshooting self-hosted runners."

Adding a self-hosted runner to an organization

You can add self-hosted runners at the organization level, where they can be used to process jobs for multiple repositories in an organization. To add a self-hosted runner to an organization, you must be an organization owner. For information about how to add a self-hosted runner with the REST API, see "Self-hosted runners."

  1. On GitHub.com, navigate to the main page of the organization.

  2. Organization 名の下で、 [設定] をクリックします。 Organization の設定ボタン

  3. In the left sidebar, click Actions, then click Runners.

  4. Click New runner, then click New self-hosted runner.

  5. 使用するセルフホスト ランナー マシンのオペレーティング システム イメージとアーキテクチャを選択します。

  6. ランナーアプリケーションをダウンロードして、使用するセルフホストランナーのマシンにインストールする方法が表示されます。

    セルフホストランナーのマシンでシェルを開き、表示順に従ってシェルコマンドを実行してください。

    注: Windows で、セルフホスト ランナー アプリケーションをサービスとしてインストールする場合は、シェルを管理者権限でオープンしなければなりません。 また、C:\actions-runner をセルフホスト ランナー アプリケーション用のディレクトリとして使用し、Windows のシステム アカウントでランナー ディレクトリにアクセスできるようにすることをお勧めします。

    この指示に従えば、以下のタスクが完了します。

    • セルフホストランナーアプリケーションのダウンロードと展開。
    • config スクリプトを実行してセルフホスト ランナー アプリケーションを設定し、GitHub Actions に登録します。 config スクリプトには、登録先の URL と、リクエストを認証してもらうための自動的に生成された時間制限付きのトークンが必要です。
    • セルフホストランナーアプリケーションを実行して、マシンをGitHub Actionsに接続します。

Checking that your self-hosted runner was successfully added

After completing the steps to add a self-hosted runner, the runner and its status are now listed under "Runners".

The self-hosted runner application must be active for the runner to accept jobs. When the runner application is connected to GitHub and ready to receive jobs, you will see the following message on the machine's terminal.

√ Connected to GitHub

2019-10-24 05:45:56Z: Listening for Jobs

For more information, see "Monitoring and troubleshooting self-hosted runners."

注: セキュリティ上の理由により、既定で、パブリック リポジトリでは、ランナー グループ内でランナーを使用することができませんが、ランナー グループの設定でこれをオーバーライドすることができます。 詳細については、「グループを使用してセルフホストランナーへのアクセスを管理する」を参照してください。

Adding a self-hosted runner to an enterprise

If you use GitHub Enterprise Cloud, you can add self-hosted runners to an enterprise, where they can be assigned to multiple organizations. The organization admins are then able to control which repositories can use it. For more information, see the GitHub Enterprise Cloud documentation.