ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

コマンドラインを使った GitHub への既存のプロジェクトの追加

既存の作業を GitHubに置けば、多くの素晴らしい方法で共有とコラボレーションができます。

プロジェクトを CodePlex から移行する場合は、移行ガイドでさらに詳しい情報をご確認ください。

ヒント: ポイントアンドクリック型のユーザインターフェースに慣れている場合は、プロジェクトを GitHub Desktopで追加してみてください。 詳しい情報については GitHub Desktopヘルプ 中のローカルコンピュータから GitHub Desktop へのリポジトリの追加を参照してください。

警告: リモートリポジトリには、決してセンシティブな情報をgit addcommitpushしないでください。 センシティブな情報には以下が含まれますが、以下に限定はされません。

詳細は「センシティブなデータをリポジトリから削除する」を参照してください。

  1. GitHub に新しいリポジトリを作成します。

GitHub. エラーを避けるため、新しいリポジトリはREADME、ライセンス、あるいは gitignore で初期化しないでください。 これらのファイルは、プロジェクトを GitHubにプッシュした後で追加できます。 [Create New Repository] ドロップダウン 1. ターミナルターミナルGit Bashを開いてください。 3. ワーキングディレクトリをローカルプロジェクトに変更します。 4. ローカルディレクトリを Git リポジトリとして初期化します。

$ git init -b main
  1. ファイルを新しいローカルリポジトリに追加します。 これで、それらのファイルが最初のコミットに備えてステージングされます。
    $ git add .
    # ローカルリポジトリにファイルを追加し、コミットに備えてステージします。 ファイルをステージから降ろすには、'git reset HEAD YOUR-FILE' を使います。
  2. ローカルリポジトリでステージングしたファイルをコミットします。
    $ git commit -m "First commit"
    # 追跡された変更をコミットし、リモートリポジトリへのプッシュに備えます。 このコミットを削除してファイルを変更するには、'git reset --soft HEAD~1' を使い、コミットしてからファイルを再度追加してください。
  3. GitHub リポジトリの Quick Setup ページの上部で、 をクリックしてリモートリポジトリの URL をコピーします。 リモートリポジトリの URL フィールドのコピー
  4. ターミナルで、ローカルリポジトリがプッシュされるリモートリポジトリの URL を追加してください。
    $ git remote add origin  <REMOTE_URL> 
    # 新しいリモートを設定する
    $ git remote -v
    # 新しいリモート URL を検証する
  5. GitHub へ、ローカルリポジトリの変更をプッシュします。
    $ git push -u origin main
    # ローカルリポジトリの変更を、origin として指定したリモートリポジトリにプッシュする
  1. GitHub に新しいリポジトリを作成します。

GitHub. エラーを避けるため、新しいリポジトリはREADME、ライセンス、あるいは gitignore で初期化しないでください。 これらのファイルは、プロジェクトを GitHubにプッシュした後で追加できます。 [Create New Repository] ドロップダウン 1. ターミナルターミナルGit Bashを開いてください。 3. ワーキングディレクトリをローカルプロジェクトに変更します。 4. ローカルディレクトリを Git リポジトリとして初期化します。

$ git init -b main
  1. ファイルを新しいローカルリポジトリに追加します。 これで、それらのファイルが最初のコミットに備えてステージングされます。
    $ git add .
    # ローカルリポジトリにファイルを追加し、コミットに備えてステージします。 ファイルをステージから降ろすには、'git reset HEAD YOUR-FILE' を使います。
  2. ローカルリポジトリでステージングしたファイルをコミットします。
    $ git commit -m "First commit"
    # 追跡された変更をコミットし、リモートリポジトリへのプッシュに備えます。 このコミットを削除してファイルを変更するには、'git reset --soft HEAD~1' を使い、コミットしてからファイルを再度追加してください。
  3. GitHub リポジトリの Quick Setup ページの上部で、 をクリックしてリモートリポジトリの URL をコピーします。 リモートリポジトリの URL フィールドのコピー
  4. コマンドプロンプトで、ローカルリポジトリのプッシュ先となるリモートリポジトリの URL を追加します。
    $ git remote add origin  <REMOTE_URL> 
    # 新しいリモートを設定する
    $ git remote -v
    # 新しいリモート URL を検証する
  5. GitHub へ、ローカルリポジトリの変更をプッシュします。
    $ git push origin main
    # ローカルリポジトリの変更を、origin として指定したリモートリポジトリにプッシュする
  1. GitHub に新しいリポジトリを作成します。

GitHub. エラーを避けるため、新しいリポジトリはREADME、ライセンス、あるいは gitignore で初期化しないでください。 これらのファイルは、プロジェクトを GitHubにプッシュした後で追加できます。 [Create New Repository] ドロップダウン 1. ターミナルターミナルGit Bashを開いてください。 3. ワーキングディレクトリをローカルプロジェクトに変更します。 4. ローカルディレクトリを Git リポジトリとして初期化します。

$ git init -b main
  1. ファイルを新しいローカルリポジトリに追加します。 これで、それらのファイルが最初のコミットに備えてステージングされます。
    $ git add .
    # ローカルリポジトリにファイルを追加し、コミットに備えてステージします。 ファイルをステージから降ろすには、'git reset HEAD YOUR-FILE' を使います。
  2. ローカルリポジトリでステージングしたファイルをコミットします。
    $ git commit -m "First commit"
    # 追跡された変更をコミットし、リモートリポジトリへのプッシュに備えます。 このコミットを削除してファイルを変更するには、'git reset --soft HEAD~1' を使い、コミットしてからファイルを再度追加してください。
  3. GitHub リポジトリの Quick Setup ページの上部で、 をクリックしてリモートリポジトリの URL をコピーします。 リモートリポジトリの URL フィールドのコピー
  4. ターミナルで、ローカルリポジトリがプッシュされるリモートリポジトリの URL を追加してください。
    $ git remote add origin  <REMOTE_URL> 
    # 新しいリモートを設定する
    $ git remote -v
    # 新しいリモート URL を検証する
  5. GitHub へ、ローカルリポジトリの変更をプッシュします。
    $ git push origin main
    # ローカルリポジトリの変更を、origin として指定したリモートリポジトリにプッシュする

参考リンク

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.