ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.20

利用可能なメトリクスとレポートの管理

GitHub Insightsにわたって特定のメトリクスを有効化あるいは無効化できます。

GitHub Insightsの管理権限を持っている人は、利用可能なメトリクスやレポートを管理できます。

GitHub InsightsはGitHub Oneで利用できます。 詳細は「GitHub の製品」を参照してください。

メトリクスを無効化すると、そのメトリクスはどのユーザからも、GitHub Insightsのどこからも見えなくなります。

  1. GitHub Insightsで、 Settings(の設定)をクリックしてください。
    設定タブ
  2. Settings(設定)の下で、Toggle reports(レポートの切り替え)をクリックしてください。
    レポートの切り替えタブ
  3. 管理したいメトリクスの右で、 Enabled(有効)あるいはDisabled(無効)ドロップダウンメニューを使ってください。
    メトリクスの切り替えのドロップダウンメニュー

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください