Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2023-12-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

GitHub.com から GitHub Enterprise Cloud へのリポジトリの移行

GitHub CLI または GraphQL API を使って、GitHub.com から GitHub Enterprise Cloud にリポジトリを移行できます。

Tool navigation

GitHub Enterprise Importer

を使ったリポジトリの移行について

GitHub CLI または API を使って、移行を実行できます。

GitHub CLI を使うと移行プロセスが簡単になるので、ほとんどのお客様に推奨されます。 カスタマイズのニーズが高い熟練したお客様は、API を使って、GitHub Enterprise Importer との独自の統合を構築できます。

API の使い方を確認するには、ページの上部にあるツール スイッチャーを使います。
GitHub CLI の使い方を確認するには、ページの上部にあるツール スイッチャーを使います。

前提条件

  • Importer の既知のサポート制限事項を確実に理解するには、「GitHub Enterprise Importer について」をご覧ください。
  • 移行の試験的実行を行い、そのすぐ後で運用環境の移行を完了することを強くお勧めします。 試験的実行のベスト プラクティスについて詳しくは、「GitHub Enterprise Importer を使用した移行の実行を準備する」をご覧ください。
  • 必須ではありませんが、運用環境の移行の間は作業を停止することをお勧めします。 Importer は差分移行をサポートしていないため、移行中に発生した変更は移行されません。 運用環境の移行の間に作業を停止しない場合は、これらの変更を手動で移行する必要があります。
  • Organization の所有者であるか、移行元 Organization と移行先 Organization の両方の移行者ロールが付与されている必要があります。 詳しくは、「GitHub Enterprise Importer に移行者ロールを付与する」を参照してください。

手順 0: GitHub GraphQL API を使う準備をする

GraphQL クエリを作成するには、独自のスクリプトを記述するか、Insomnia などの HTTP クライアントを使う必要があります。

認証方法など、GitHub GraphQL API での作業の始め方について詳しくは、「GraphQLでの呼び出しの作成」をご覧ください。

手順 1: 移行先のownerId を取得する

GitHub Enterprise Cloud の Organization 所有者として、GetOrgInfo クエリを使って、移行されたリポジトリを所有する Organization の ownerId (Organization ID とも呼ばれます) を取得します。 移行先を識別するには、ownerId が必要です。

GetOrgInfo クエリ

query(
  $login: String!
){
  organization (login: $login)
  {
    login
    id
    name
    databaseId
  }
}
クエリ変数説明
loginOrganization の名前。

GetOrgInfo の応答

{
  "data": {
    "organization": {
      "login": "Octo",
      "id": "MDEyOk9yZ2FuaXphdGlvbjU2MTA=",
      "name": "Octo-org",
      "databaseId": 5610
    }
  }
}

この例では、MDEyOk9yZ2FuaXphdGlvbjU2MTA= が Organization ID つまり ownerId であり、次のステップでそれを使います。

手順 2: 移行元の場所を特定する

createMigrationSource クエリを使って、移行元を設定できます。 GetOrgInfo クエリで収集した ownerId つまり Organization ID を指定する必要があります。

移行元は、GitHub.com 上の Organization です。

createMigrationSource ミューテーション

mutation createMigrationSource($name: String!, $ownerId: ID!) {
  createMigrationSource(input: {name: $name, url: "https://github.com", ownerId: $ownerId, type: GITHUB_ARCHIVE}) {
    migrationSource {
      id
      name
      url
      type
    }
  }
}

注: type には必ず GITHUB_ARCHIVE を使ってください。

クエリ変数説明
name移行元の名前。 この名前は自分の参照用であるため、任意の文字列を使用できます。
ownerIdGitHub Enterprise Cloud での Organization の Organization ID。

createMigrationSource 応答

{
  "data": {
    "createMigrationSource": {
      "migrationSource": {
        "id": "MS_kgDaACQxYmYxOWU4Yi0wNzZmLTQ3NTMtOTdkZC1hNGUzZmYxN2U2YzA",
        "name": "GitHub.com Source",
        "url": "https://github.com",
        "type": "GITHUB_SOURCE"
      }
    }
  }
}

この例では、MS_kgDaACQxYmYxOWU4Yi0wNzZmLTQ3NTMtOTdkZC1hNGUzZmYxN2U2YzA が移行元 ID であり、次の手順で使います。

手順 3: リポジトリの移行を開始する

移行を始める、1 つのリポジトリとそれに付随するデータが、ユーザーが指定した新しい GitHub リポジトリに移行されます。

同じ移行元 Organization から複数のリポジトリを一度に移動したい場合は、複数の移行をキューに登録できます。 同時に最大 5 つのリポジトリの移行を実行できます。

startRepositoryMigration ミューテーション

mutation startRepositoryMigration (
  $sourceId: ID!,
  $ownerId: ID!,
  $sourceRepositoryUrl: URI!,
  $repositoryName: String!,
  $continueOnError: Boolean!,
  $accessToken: String!,
  $githubPat: String!,
  $targetRepoVisibility: String!
){
  startRepositoryMigration( input: {
    sourceId: $sourceId,
    ownerId: $ownerId,
    repositoryName: $repositoryName,
    continueOnError: $continueOnError,
    accessToken: $accessToken,
    githubPat: $githubPat,
    targetRepoVisibility: $targetRepoVisibility
    sourceRepositoryUrl: $sourceRepositoryUrl,
  }) {
    repositoryMigration {
      id
      migrationSource {
        id
        name
        type
      }
      sourceUrl
    }
  }
}
クエリ変数説明
sourceIdcreateMigrationSource ミューテーションから返された移行元の id
ownerIdGitHub Enterprise Cloud での Organization の Organization ID。
repositoryNameGitHub Enterprise Cloud 上で Organization が所有するどのリポジトリでも現在使われていない一意のカスタム リポジトリ名。 移行が完了または停止すると、このリポジトリにエラー ログ issue が作成されます。
continueOnError移行の失敗を引き起こさないエラーが発生したときに移行を続行できるようにする移行設定。 true または false である必要があります。 Importer が Git ソースを移動できない場合、または Importer が接続を失い、移行を完了するために再接続できない場合を除き、移行が続けられるように、continueOnErrortrue に設定することを強くお勧めします。
githubPatGitHub Enterprise Cloud 上の移行先 Organization の personal access token。 personal access token の要件については、「GitHub Enterprise Importer のアクセスの管理」をご覧ください。
accessToken移行元の personal access token。
targetRepoVisibility新しいリポジトリの可視性。 privatepublic、または internal にする必要があります。 設定されていない場合、リポジトリはプライベートとして移行されます。
sourceRepositoryUrlhttps://github.com/{organization}/{repository} 形式を使ったソース リポジトリの URL。

次のステップでは、startRepositoryMigration ミューテーションから返された移行 ID を使って、移行の状態を調べます。

手順 4: 移行の状態を確認する

移行エラーを検出し、移行が行われていることを確認するには、getMigration クエリを使って移行の状態を調査できます。 また、getMigrations を使うと、複数の移行の状態を調べることもできます。

getMigration クエリから返される状態を調べて、移行が queuedin progressfailed、または completed であるかどうかを確認できます。 移行が失敗した場合、Importer によってエラーの原因が示されます。

getMigration クエリ

query (
  $id: ID!
){
  node( id: $id ) {
    ... on Migration {
      id
      sourceUrl
      migrationSource {
        name
      }
      state
      failureReason
    }
  }
}
クエリ変数説明
idstartRepositoryMigration ミューテーションが返した移行の id

手順 5: 移行を検証し、エラー ログを確認する

移行を完了するには、"移行ログ" の issue を確認することをお勧めします。 この issue は、移行先リポジトリの GitHub に作成されます。

"移行ログ" というタイトルの issue のスクリーンショット。 issue の 2 番目のコメントに、移行に関するログが含まれます。

最後に、移行したリポジトリで健全性チェックを確認することをお勧めします。

手順 1: GEI extension of the GitHub CLI

をインストールする

これが初めての移行の場合は、GEI extension of the GitHub CLI をインストールする必要があります。 GitHub CLI について詳しくは、「GitHub CLI について」をご覧ください。

  1. GitHub CLI をインストールします。 GitHub CLI のインストール手順については、GitHub CLI リポジトリを参照してください。

    注: GitHub CLI のバージョン 2.4.0 以降が必要です。 gh --version コマンドを使って、インストールされているバージョンを確認できます。

  2. GEI extension をインストールします。

    Shell
    gh extension install github/gh-gei
    

GEI extension に関するヘルプが必要なときはいつでも、コマンドで --help フラグを使用できます。 たとえば、gh gei --help とすると使用可能なすべてのコマンドの一覧が表示され、gh gei migrate-repo --help とすると migrate-repo コマンドで使用できるすべてのオプションの一覧が表示されます。

手順 2: GEI extension of the GitHub CLI

を更新する

GEI extension は毎週更新されます。 最新バージョンを確実に使うため、拡張機能を更新してください。

gh extension upgrade github/gh-gei

手順 3: 環境変数を設定する

GEI extension を使って GitHub Enterprise Cloud に移行するには、その前に、移行元と移行先の Organization にアクセスできる personal access token を作成してから、personal access token を環境変数として設定する必要があります。

  1. GitHub Enterprise Cloud 上の移行先 Organization に対して認証を行う personal access token を作成して記録し、トークンがすべての要件を満たしていることを確認します。 詳しくは、「GitHub Enterprise Importer のアクセスの管理」を参照してください。

  2. 移行元 Organization に対して認証を行う personal access token を作成して記録し、このトークンも同じ要件をすべて満たしていることを確認します。

  3. personal access token に対する環境変数を設定します。次のコマンドの TOKEN は、上で記録した personal access token に置き換えます。 移行先の Organization には GH_PAT を使い、移行元の Organization には GH_SOURCE_PAT を使います。

    • ターミナルを使っている場合は、export コマンドを使います。

      Shell
      export GH_PAT="TOKEN"
      export GH_SOURCE_PAT="TOKEN"
      
    • PowerShell を使っている場合は、$env コマンドを使います。

      Shell
      $env:GH_PAT="TOKEN"
      $env:GH_SOURCE_PAT="TOKEN"
      

手順 4: 移行スクリプトを生成する

複数のリポジトリを GitHub Enterprise Cloud に一度に移行したい場合は、GitHub CLI を使って移行スクリプトを生成します。 結果のスクリプトには、リポジトリごとに 1 つの移行コマンドのリストが含まれます。

注: スクリプトを生成すると、PowerShell スクリプトが出力されます。 ターミナルを使っている場合は、.ps1 ファイル拡張子を持つスクリプトを出力し、Mac または Linux 用の PowerShell をインストールして実行する必要があります。

1 つのリポジトリを移行する場合は、次のステップに進んでください。

移行スクリプトの生成

移行スクリプトを生成するには、gh gei generate-script コマンドを実行します。

Shell
gh gei generate-script --github-source-org SOURCE --github-target-org DESTINATION --output FILENAME

移行された各リポジトリの移行ログをダウンロードするスクリプトが必要な場合は、--download-migration-logs フラグを追加します。 移行ログについて詳しくは、「GitHub Enterprise Importer の移行ログへのアクセス」をご覧ください。

上のコマンドのプレースホルダーを次の値に置き換えます。

プレースホルダー
SOURCE移行元の Organization の名前
DESTINATION移行先の Organization の名前
FILENAME結果の移行スクリプトのファイル名

ターミナルを使っている場合は、生成されたスクリプトの実行に PowerShell が必要なので、.ps1 ファイル拡張子を使います。 Mac 用または Linux 用の PowerShell をインストールできます。

移行スクリプトの確認

スクリプトを生成したら、ファイルを確認し、必要に応じてスクリプトを編集します。

  • 移行したくないリポジトリがある場合は、対応する行を削除するかコメントにします。
  • 移行先の Organization でリポジトリに別の名前を使う場合は、対応する --target-repo フラグの値を更新します。

注: リポジトリに 10 GB を超えるリリース データがある場合、リリースを移行することはできません。 リリースなしでリポジトリを移行するには、--skip-releases フラグを使います。

手順 5: リポジトリを移行する

移行スクリプトを使って複数のリポジトリを移行すること、または gh gei migrate-repo コマンドを使って 1 つのリポジトリを移行することができます。

複数のリポジトリを移行する

複数のリポジトリを移行するには、上で生成したスクリプトを実行します。 次のコマンドの FILENAME を、スクリプトの生成時に指定したファイル名に置き換えます。

  • ターミナルを使っている場合は、./ を使います。

    Shell
    ./FILENAME
    
  • PowerShell を使っている場合は、.\ を使います。

    Shell
    .\FILENAME
    

1 つのリポジトリを移行する

1 つのリポジトリを移行するには、gh gei migrate-repo コマンドを使います。

Shell
gh gei migrate-repo --github-source-org SOURCE --source-repo CURRENT-NAME --github-target-org DESTINATION --target-repo NEW-NAME

注: リポジトリに 10 GB を超えるリリース データがある場合、リリースを移行することはできません。 リリースなしでリポジトリを移行するには、--skip-releases フラグを使います。

上のコマンドのプレースホルダーを次の値に置き換えます。

プレースホルダー
SOURCE移行元の Organization の名前
CURRENT-NAME移行するリポジトリの名前
DESTINATION移行先の Organization の名前
NEW-NAME移行されたリポジトリに設定する名前

手順 6: 移行を検証し、エラー ログを確認する

移行が完了したら、移行ログを確認することをお勧めします。 詳しくは、「GitHub Enterprise Importer の移行ログへのアクセス」を参照してください。

移行したリポジトリで健全性チェックを確認することをお勧めします。