Skip to main content
ドキュメントへの更新が頻繁に発行されており、このページの翻訳はまだ行われている場合があります。 最新の情報については、「英語のドキュメント」を参照してください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2023-03-15. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

プルリクエストのマージ可能性を定義

プルリクエストをマージ可能にするための条件として、一連のチェックに合格することを必須とすることができます。 たとえば、ステータスチェックに合格しないプルリクエストをブロックすることができます。あるいは、プルリクエストを承認するレビューが一定数に達していなければマージできないようにすることができます。

保護されたブランチは、GitHub Free及びOrganizationのGitHub Freeのパブリックリポジトリ、GitHub Pro、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Serverのパブリック及びプライベートリポジトリで利用できます。

  • 保護されたブランチについて

    重要なブランチを保護するには、ブランチ保護ルールを設定します。このルールは、コラボレータがブランチへのプッシュを削除または強制できるかどうかを定義し、ステータスチェックのパスや直線状のコミット履歴など、ブランチへのプッシュの要件を設定します。

  • ブランチ保護ルールを管理する

    ブランチ保護ルールを作成して、1 つ以上のブランチに特定のワークフローを強制することができます。たとえば、承認レビューを要求したり、保護されたブランチにマージされるすべての pull request について状態チェックを渡したりすることができます。

  • 必須ステータスチェックのトラブルシューティング

    ステータスチェック必須を使用して、一般的なエラーを調べ、問題を解決できます。