Skip to main content

Subversion と Git の違い

Subversion (SVN) リポジトリは、Git リポジトリに似ています。ですが、プロジェクトのアーキテクチャの点からいくつかの違いがあります。

ディレクトリの構造

プロジェクト内の各 参照 またはコミットのラベル付きスナップショットは、trunkbranches、および tags などの特定のサブディレクトリにまとめられます。 たとえば、2 つの feature のある開発中の SVN プロジェクトは、このようになるでしょう:

  sample_project/trunk/README.md
  sample_project/trunk/lib/widget.rb
  sample_project/branches/new_feature/README.md
  sample_project/branches/new_feature/lib/widget.rb
  sample_project/branches/another_new_feature/README.md
  sample_project/branches/another_new_feature/lib/widget.rb

SVN のワークフローは以下のようになります:

  • trunk ディレクトリは、プロジェクトの最新の安定リリースを表します。
  • アクティブな feature の作業は、branches の下のサブディレクトリで開発されます。
  • feature が完了した時、feature ディレクトリは trunk にマージされ消去されます。

Git プロジェクトも、単一のディレクトリに保管されます。 ですが、Git は、その参照を特別な .git ディレクトリに保管するため、その詳細は隠れています。 たとえば、2 つの feature のある開発中の Git プロジェクトは、このようになるでしょう:

  sample_project/.git
  sample_project/README.md
  sample_project/lib/widget.rb

Git のワークフローは以下のようになります:

  • Git リポジトリは、ブランチおよびタグのすべての履歴を、 .git ディレクトリ内に保管します。
  • 最新の安定したリリースは、デフォルトブランチに含まれています。
  • アクティブな feature は、別のブランチで開発されます。
  • feature が完了すると、フィーチャブランチはデフォルトブランチにマージされ、消去されます。

Git はディレクトリ構造は同じままですが、SVN とは違い、ファイルの変更内容はブランチベースです。

サブプロジェクトを含める

サブプロジェクト は、メイン プロジェクト外で開発され管理されるプロジェクトです。 一般的に、自分でコードを管理する必要なく、プロジェクトに何らかの機能を加えるためにサブプロジェクトをインポートします。 サブプロジェクトがアップデートされる度、すべてを最新にするためにプロジェクトと同期できます。

SVN では、サブプロジェクトは、SVN external と呼ばれます。 Git では、Git サブモジュール と呼ばれます。 コンセプトは似ていますが、Git サブモジュールは自動では最新状態のままにはなりません。プロジェクトに新しいバージョンを取り込むためには、明示的に要求する必要があります。

詳しい情報については、Git のドキュメントの「Git のツール - サブモジュール」を参照してください。

履歴を保存する

SVN は、プロジェクトの履歴は変更されないものとして設定されています。 Git では、git rebase などのツールを使用して、以前のコミットと変更を変更できます。

GitHub は Subversion クライアントをサポートしており、同じプロジェクトで Git と SVN の両方を使用している場合、予期しない結果が発生する可能性があります。 Git のコミット履歴を操作した場合、常に同じコミットが SVN の履歴に残ります。 機密データを誤ってコミットした場合は、それを Git の履歴から削除するのに役立つ記事を用意しています。

参考資料