Skip to main content

GitHub App を構築する

GitHub App を、あなた自身や他の人が使うために構築できます。 GitHub App の登録と、権限および認証オプションの設定方法について学びましょう。
  • GitHub App を作成する

    個人アカウントの下で、あるいは管理アクセス権を持っているOrganizationの下で、GitHub Appを作成し、登録できます。

  • GitHub Appの権限の設定

    GitHub Appを作成する際に、REST APIを通じてそのアプリケーションがアクセスできるリソースを決定する権限を設定します。

  • GitHub App による認証

    GitHub Appとして、あるいはインストールとして認証を受けることができます。

  • GitHub App のユーザの特定と認可

    GitHub Appは、Issueの作成、デプロイメントの作成、サポートされている他のエンドポイントの利用など、アクションをユーザの代わりに行うことができます。

  • GitHub Appのレート制限

    Rate limits for GitHub Apps and OAuth App help control the rate of traffic to GitHub Enterprise Serverインスタンス.

  •  ユーザからサーバーへのアクセストークンの更新

    定期的なトークンのローテーションを強制し、侵害されたトークンの影響を抑えるために、ユーザアクセストークンの期限を利用するようにGitHub Appを設定できます。

  • マニフェストから GitHub App を作成する

    GitHub App Manifest は、アプリケーションを個人のリポジトリで使いたい人と共有できる、構成済みの GitHub App です。 マニフェストフローにより、ユーザはアプリケーションを登録したり、ホストされたアプリケーションコードに登録を接続したりすることなく、GitHub App の拡張を素早く作成、インストール、開始できるようになります。

  • URL パラメータを使用して GitHub App を作成する

    新しい GitHub App の構成を迅速に設定するため、URL [クエリパラメータ] (https://en.wikipedia.org/wiki/Query_string) を使用して新しい GitHub App の設定を事前設定できます。

  • GitHub App のカスタムバッジを作成する

    独自のロゴ画像をアップロードし、背景をカスタマイズすることによって、GitHub Appのデフォルトのバッジを置き換えられます。