Skip to main content
ドキュメントへの更新が頻繁に発行されており、このページの翻訳はまだ行われている場合があります。 最新の情報については、「英語のドキュメント」を参照してください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2023-03-15. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

セキュリティの概要でのアラートのフィルター処理

フィルターを使ってアラートの特定のカテゴリを表示する

この機能を使用できるユーザー

組織所有者とセキュリティ マネージャーは、組織レベルのセキュリティの概要にアクセスできます。 チームのメンバーは、そのチームが管理者特権を持っているリポジトリのセキュリティの概要を表示できます。

GitHub Advanced Security のライセンスを持っているなら、ご自分の組織のセキュリティの概要が利用できます。 詳細については、「GitHub Advanced Security について」を参照してください。

注: セキュリティの概要は現在ベータ版であり、変更される可能性があります。

セキュリティの概要のフィルター処理について

セキュリティの概要でフィルターを使用すると、アラート リスク レベル、アラートの種類、機能の有効化など、さまざまな要因に基づいてフォーカスを絞り込むことができます。 特定のビューに応じて、さまざまなフィルターを使用できます。

リポジトリ別のフィルター

修飾子説明
repo:REPOSITORY-NAME指定したリポジトリのデータを表示します。

セキュリティ機能が有効になっているかどうかをフィルター処理する

次の例では、:enabled:not-enabled に置き換えると、セキュリティ機能が有効になっていないリポジトリが表示されます。 これらの修飾子は、メインの概要ビューで使用できます。

修飾子説明
code-scanning:enabledcode scanning が構成されているリポジトリを表示します。
dependabot:enabledDependabot alerts が有効になっているリポジトリを表示します。
secret-scanning:enabledsecret scanning alerts が有効になっているリポジトリを表示します。
not-enabled:any少なくとも 1 つのセキュリティ機能が有効になっていないリポジトリを表示します。

リポジトリの種類によるフィルタ

これらの修飾子は、メインの概要ビューで使用できます。

| 修飾子 | 説明 | | -------- | -------- | | is:public | パブリック リポジトリを表示します。 | | is:internal | 内部リポジトリを表示します。 | | is:private | プライベート リポジトリを表示します。 | | archived:true | アーカイブされたリポジトリを表示します。 | | archived:false | アーカイブされたリポジトリを省略します。 |

アラート数によるフィルタ

これらの修飾子は、メインの概要ビューで使用できます。

修飾子説明
code-scanning:NUMBERcode scanning アラートが NUMBER 個あるリポジトリを表示します。 この修飾子では、=>< の各比較演算子を使用できます。
secret-scanning:NUMBERsecret scanning alerts が NUMBER 個あるリポジトリを表示します。 この修飾子では、=>< の各比較演算子を使用できます。
dependabot:NUMBERDependabot alerts が NUMBER 個あるリポジトリを表示します。 この修飾子では、=>< の各比較演算子を使用できます。

Teamによるフィルタ

これらの修飾子は、メインの概要ビューで使用できます。

修飾子説明
team:TEAM-NAMETEAM-NAME が管理者アクセス権を持つリポジトリを表示します。

トピックによるフィルタ

これらの修飾子は、メインの概要ビューで使用できます。

修飾子説明
topic:TOPIC-NAMETOPIC-NAME で分類されるリポジトリを表示します。

secret scanning アラート ビューの追加フィルター

修飾子説明
provider:PROVIDER_NAME指定したプロバイダーによるすべての issue の問題に関するアラートを表示します。
secret-type:SERVICE_PROVIDER指定したシークレットとプロバイダーのアラートを表示します。
secret-type:CUSTOM-PATTERN指定したカスタム パターンに一致するシークレットのアラートを表示します。

詳細については、「Secret scanning パターン」を参照してください。