ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

個人アクセストークンを使用する

コマンドラインまたは API を使用して、パスワードの代わりに使用する個人アクセストークンを作成する必要があります。

ここには以下の内容があります:

個人アクセストークン(PAT)は、GitHub API またはコマンドラインを使用するときに GitHub Enterprise Server への認証でパスワードの代わりに使用できます。

トークンの作成

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。 ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. 左サイドバーで [Developer settings] をクリックします。 開発者設定

  3. 左のサイドバーでPersonal access tokens(個人アクセストークン)をクリックしてください。 個人アクセストークン

  4. [Generate new token] をクリックします。 [Generate new token] ボタン

  5. トークンにわかりやすい名前を付けます。 トークンの説明フィールド

  6. このトークンに付与するスコープ、すなわち権限を選択します。 トークンを使用してコマンドラインからリポジトリにアクセスするには、[repo] を選択します。

    トークンスコープの選択

  7. [Generate token] をクリックします。 [Generate token] ボタン

  8. をクリックしてトークンをクリップボードにコピーします。 セキュリティ上の理由から、ページから移動した後は、トークンを再度表示することはできません。

    新しく作成されたトークン

    警告: トークンはパスワードのように扱い、秘密にしてください。 API を操作する場合は、トークンをプログラムにハードコーディングするのではなく、環境変数として使用してください。

コマンドラインでトークンを使用する

トークンを入手したなら、HTTPS経由でGitの操作をする際にパスワードの代わりにそのトークンを入力できます。

たとえば、コマンドラインでは以下のように入力できます。

$ git clone https://hostname/username/repo.git
Username: your_username
Password: your_token

個人アクセストークンは HTTPS Git 操作だけにしか使用できません。 SSH リモート URL を使用するリポジトリの場合、リモートを SSH から HTTPS に切り替える必要があります。

ユーザ名とパスワードの入力を求められない場合、資格情報がコンピュータにキャッシュされている可能性があります。 古いパスワードをトークンに交換するようキーチェーンで資格情報を更新できます。

Instead of manually entering your PAT for every HTTPS Git operation, you can cache your PAT with a Git client. Git will temporarily store your credentials in memory until an expiry interval has passed. You can also store the token in a plain text file that Git can read before every request. 詳細は「Git に GitHub の認証情報をキャッシュする」を参照してください。

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか? プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問する サポートへの連絡